食事

【ひとり鍋】をするための値段はどのくらい?簡単でコスパを考えた

更新日:

寒くなるとやっぱり『鍋』が美味しいですよね!!

みなさんは楽しんでますか?寒い日に家に帰ってきて温かい鍋を食べる!最高ですよね~!

「オレはひとりもんだから、鍋はできないよ!」と思っている方、今回の記事は必読ですよ。確かに、鍋は家族や友人たちとワイワイガヤガヤしながら食べるのが楽しみの一つです。

が!?一人だって大いに『鍋』を楽しむ方法があるのです!詳しくは続きをご覧ください。

ひとり鍋の価格

まず鍋そのものですが、100円ショップで購入できます。価格に関しては調べればわかりますが色々ですよ。例えば、価格.comを見ると【電気鍋一人鍋】ちょこっと電気鍋FG-550が4990円、ホーロー卓上鍋 18㎝が1580円など様々です。

まあ、特にこだわりが無ければ100円ショップの鍋で十分のような気がします。

具材ですが、一人分となると

  • 豚バラ40g
  • 白菜 大1枚(100gぐらい)
  • 春菊 2本
  • 長ネギ 1/2本
  • 人参 1/3本
  • シイタケ 2枚
  • 豆腐 1/3丁
  • 水 300ml
  • 昆布だし 適量

といった感じでしょうか...。

問題は一つ一つの「量」が少なすぎるということです。

でも解決方法があります。お肉や魚介類は必要な分を残してあとは冷凍保存しましょう。野菜も同様に必要な分だけ残して、残りは別のときのために保存しておけば、また使えますよ。

スポンサードリンク

ひとり鍋の手間

そうですね~。手間はどうでしょうか?

一人暮らしでなれている人にとってはそれほど大変だとは思えません。

ただ、少しめんどくさいのは普通に具材を買ってきた場合にきちんと小分けにして保存する必要があります。その作業がちょっとめんどくさいかもしれませんね。

そのような人にはお鍋セットがあります。

例えばSEIYUには

  • ちゃんこ鍋(醤油)397円
  • 牛すき焼き鍋397円
  • 豚キムチ鍋397円

があります。

このような製品は断然メリットがあります。買ってすぐできる手軽さや食材を余らせる心配もありません。さらに鍋や食器洗いの面倒もありません。値段も安くていいですよね。

ひとり鍋の分量や、だしは?

「鍋を作るときのだしはどうなの?」という方、安心してください。強力な見方がいます。味の素から販売「鍋キューブ」です。

どういうものか?というと以下の通りの味があります。

  1. 鶏だし・うま塩
  2. 濃厚白湯
  3. 寄せ鍋しょうゆ
  4. ピリ辛キムチ
  5. とんこつ味噌
  6. まろやか豆乳鍋
  7. スープカレー鍋

です。

一つ一つ個別に梱包されていて一人鍋に大変便利です。水の量によりますが300mlの場合には2つ使用すればOKです。

使い方も簡単です。

  1. 鍋に水と「鍋キューブ」を入れて火にかける
  2. 日の通りにくい材料から順に入れて煮込む
  3. 火が通ったら出来上がり

簡単ですよね。誰にでもできます~。

スポンサードリンク

まとめ

いかがですか?簡単に説明させていただきましたが、一人でも『鍋』はできます。ぜひ鍋を楽しみましょう!!

温まりますし、野菜も肉も食べることができて、何だかバランスがとれていて体にもよさそうですよね!

では、今年の冬も寒さに負けないためにも鍋で温まりましょう!

 

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-, 食事

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.