記念日

水の日は8月1日!イベントは何かあるの?ポスターのモデルさんはミス日本が多い?

投稿日:

水資源の豊富な日本に住んでいると、普段の生活で水の大切さを感じることは少ないですが、それでも夏になると節水が呼びかけられることもあります。

そんな真夏の時期に合わせて、「水の日」が定められているのはご存じでしたか?夏の中でも8月は、1年の中で最も水の使用量が増える時期なのだそう。

「水の日」には、水資源には限りがあるということや、そのために大切にしなければいけないことなどを考える日。この日から始まる1週間は「水の週間」ということで、各地でさまざまなイベントも開催されているようですよ。

毎年、爽やかなモデルさんたちを起用したポスターも作られているようで、そちらについても調べてみました。

スポンサードリンク

水の日はいつ?名前の由来や期間は?

「水の日」が制定されたのは、1977(昭和52)年のこと。

”記念日”というと、企業や団体が提唱しているものというイメージですが、こちらの「水の日」は閣議で了解され、法律で定められた記念日なのだそう。さらに「水の日」から始まる1週間を「水の週間」として、国民に水資源の大切さや水資源開発の重要性を考えて欲しいということのようです。

だったら、ついでに国民の祝日にしてくれてたら良かったのに…(つい最近まで8月には祝日がなかったですものね)。

それはさておき。

最初にも書いたように8月は、1年の中でも最も水の使用量が増える時期。確かに、夏になると洗濯の回数も増えるような気がしますし(我が家の場合)、学校や遊園地でもプールでジャンジャン水を使いますものね。

水の日のイベントは何がある?

「水の日」を始まりとする「水の週間」には、全国各地でさまざまなイベントが開催されています。

中学生を対象とした作文コンクールや水とのふれあいをテーマにした写真を募集するコンテストなど、老若男女問わず気軽に参加できるものも多いですよ。

また、各都道府県が主体となって、関連イベントもおこなわれるそう。ところによっては、浴衣を着て打ち水をしたり、水がどんな風に私たちのところに届くのかを勉強できたりするイベントもあるようです。

お近くの自治体で、「水の日」関連イベントが開催されるようであれば、ぜひ参加してみてくださいね。

スポンサードリンク

水の日のポスターのモデルさんは?

「水の日」のポスターを画像検索してみると、これまでの作品が少しですが見ることができます。どのポスターも、水の大切さが一目でわかるような感じに仕上がっていますよ。

最近では、”ミス日本”の中で「水の天使」に選ばれた方がモデルになることが多いようです。

2017年に「水の天使」に選ばれた宮崎あずささんは、現在(2018年4月)NHKのアナウンサーとして活動中とのこと。「水の日」のポスターは、今後の活躍が楽しみな女性をいち早く発見できる機会かもしれませんね。

まとめ

災害のニュースを見るたびに思うのは、水って本当に大切なんだなぁ…ということ。

東日本大震災の時には、断水のため水道が使えず、近くを流れる小川で洗濯をしている人の姿も目にしました。

それも、水資源の豊かな日本に住んでいるからできることですよね。

水は、いつも私たちの身近にありますが、「水の日」は、そのありがたみを忘れず、大切に使うことを改めて考える日にしたいものです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.