アプリ ゲーム

【アプリ】ダンジョンメーカーの評判がいい感じ!有料だけど値段はいくら?iOSとAndroidで違う!

投稿日:

スマホやタブレットで基本無料で遊べるゲームアプリは時間つぶしに最適。

ちょっと遊ぶか…と思いつつ、時間を忘れて遊んでしまう私のようなダメな大人もおりますが…。

それはさておき。

最近、口コミで話題になっているゲームアプリがあるのはご存じでしたか?

『ダンジョンメーカー』というゲームのようですが、ゲームアプリとしては珍しく、ダウンロードする際に料金が発生するそう。

今回は『ダンジョンメーカー』についての情報を簡単にまとめてみました。

スポンサードリンク

『ダンジョンメーカー』とは?どんなゲーム?

『ダンジョンメーカー』は、韓国のゲームメーカーが制作したゲームアプリ。

配信が始まったのは、2018年5月18日とまだ最近なのですが、口コミであっと言う間に人気が広がっていったそう。

ゲームの内容としては、自分(プレイヤー)が魔王となり、自分を倒すためにやってきた勇士(RPGでいうところの勇者のようなもの)を返り討ちにするというもの。

ちょっと前に『勇者のくせになまいきだ。』という、同じく自分が魔王になって勇者をやっつけるゲームが人気になりましたが、雰囲気的にはそんな感じでしょうか。

『ダンジョンメーカー』では、一定数の勇士を倒すごとに1日(ターン)が終了。

20ターンごとにボス戦があり、勝てばボーナスがもらえるそうですが、このゲームでは運の要素もかなり強いようで、最初の壁の100日に達するのもなかなか大変なようです。

でも、ついつい夢中になって遊んでしまって、気がついたら数時間経っていた…など”時間が溶ける”ゲームとも言われているとか。

何それコワい…。

『ダンジョンメーカー』の値段は?iOSとAndroidで値段が違う

さて、最初に書いたように、『ダンジョンメーカー』は、ダウンロードする際に料金が発生します。

料金は、iOS版では360円、Android版では310円とのこと。

思ったより安かったので、ビックリ!

しかも、このお値段で、ハマれば時間を忘れるほど遊べるなんて…!

暇で暇でしょうがないという方や、じっくり一つのゲームに取り組んでみたいという方にオススメですよ〜。

でも、いつも思うのですが、iOSとAndroidで値段が違うアプリがあるのは何故なのでしょうか。

開発の手間とか、為替レートが関係しているのかなぁ?

実際にプレイしている人の感想は?

Twitterで『ダンジョンメーカー』をプレイしている方の感想を探してみると…

ついついダウンロードしちゃったけど、面白いよ〜という声が多数。

シンプルだからこその中毒性があるんですね〜。

登場するキャラクターたちはすべてドット絵で描かれているのですが、その可愛さにハマってしまった方も。

…という声もありましたよ。

どんだけ時間が溶かされるのか…!『ダンジョンメーカー』恐ろしい子…!

まとめ

ジャンルとしては、タワーディフェンス+ダンジョンビルドゲーム。

自分が勇者(このゲームでは勇士)となって魔王を倒すというRPGの王道路線ではなく、自分が魔王になるというところも、なかなかひねっていて面白いですよね。

少しずつ、ダンジョンを作ったり強化していく作業の部分が苦にならない方なら、ハマること間違いなし!

私も絶対ハマるタイプのゲームのはずなので、時間を溶かさないためにもダウンロードするのはやめておこう…と思いました。

うっかりダウンロードしてしまった方は、適度に休憩&睡眠を取って、楽しく遊んでくださいねー!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-アプリ, ゲーム

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.