イベント

アルチンボルド展の期間はいつまで?感想やグッズ情報

投稿日:

ジュゼッペ・アルチンボルドは、16世紀後半に活躍したイタリア出身の画家です。

宮廷画家として、数々の肖像画を作製しましたが、その絵はよく見ると、野菜や植物・本などを組み合わせて構成されています。

そんな不思議な肖像画を描き続けたアルチンボルドの本格的な展覧会の開催は、日本初なのだとか。

今回は、貴重な作品を観ることができる「アルチンボルド展」についてまとめてみました。

スポンサードリンク

アルチンボルド展の会期はいつまで?会場へのアクセスも!

「アルチンボルド展」は、2017年6月20日(火)から9月24日(日)まで、東京・上野にある国立西洋美術館で開催されています。

国立西洋美術館へのアクセスは、JR・地下鉄各路線の「上野」駅か、京成電鉄「京成上野」駅が便利です。

JRの「上野」駅からは、「公園口」を出てすぐ。

開館時間は、9:30分から17:30。

金・土曜日は、21:00まで開館しているそうなので、仕事帰りの方もゆっくり見られますね。

チケットの料金は?他の美術展との相互割引きもあるよ!

チケットの料金は、当日券で

  • 一般:1600円
  • 大学生:1200円
  • 高校生:800円

となっています。中学生以下は無料なのは嬉しいですね(さすが、国立の美術館!)。
東京都美術館で開催されている「ボストン美術館の至宝展」と、三菱一号館美術館で開催されている「レオナルド×ミケランジェロ展」とは、相互割引きを実施中とのこと。

チケット売り場で当日券を購入する際に、上の展覧会どちらかのチケット(半券でもOK)を見せると、100円割引きしてくれるそうです。

ボストン美術館の至宝展

レオナルド×ミケランジェロ展

スポンサードリンク

行ってきた方の感想やグッズ情報など

https://twitter.com/legal_bonsai/status/889041209812860928

夏休み中は、お子さんや学生さんが多く訪れているようですね。

 

自分の顔が、アルチンボルドの肖像画風になっちゃう!?なコーナーもあるようです。

このコーナーも連日、多くのお客さんが並んでいるようです。

お家でも、アルチンボルド風になりたーい、という方には、お土産に「デザインフェイスパック」(500円)はいかがですか〜?

使用中の姿は、こんな感じになるそう。わー、楽しそうー!

グッズは、他にもマスキングテープ(432円)や、Tシャツ(2160円)、 野菜チップス(886円)などなど、見た目にも楽しいものがいっぱい!

エディブルフラワーキャンディー(367円)は、お土産にもいいかも〜。

アルチンボルド展 グッズ

カタログ(図録)は2800円。

こちらは、朝日新聞の通販でも購入できるようです。

まとめ

アルチンボルドの作品は、一目で「ナニコレ!?」と驚かされること間違いなし。

絵画の良し悪しがよくわからない私のような人でも、アルチンボルド展なら、楽しく見ることができるのではないでしょうか。

お子さん(小中学生なら、入場無料ですし!←コレ大事)と一緒に「これはなんだろうね〜?」と言いながら見るのも楽しいと思いますよ。

国立西洋美術館の本館は、ル・コルビュジエの建築作品として世界文化遺産にも登録されています。

夏休みの宿題(作文や自由研究など)のヒントにもなるかもしれませんし、ぜひ、お子さんと一緒に足を運んでみてくださいね。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-イベント

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.