記念日

8月16日!女子大生の日は初めて女子大生が誕生した日が由来!どんな人だったの?

投稿日:

ここ数年、大学(短大も含む) への進学率は、男子よりも女子のほうが多くなっているのだそう。さまざまな専門的学科のある大学が増えてきていることもあって、進学意欲が高まっているのでしょうか。

さて、皆さんは、「女子大生の日」という記念日があるのをご存じでしたか?毎年、8月16日がその記念日なのだそうですが、一体、由来は何なのでしょうか?

スポンサードリンク

8月16日は女子大生の日。その由来は?

8月16日の「女子大生の日」について調べてみると、その由来は大正時代にまでさかのぼるそう。

まだ、女子に対する高等教育の門戸が開かれていなかった大正時代、帝国大学(今で言う国立大学)の中で初めて、女子生徒を受け入れたのが東北帝国大学(現在の東北大学)でした。

東北帝国大学が3名の女子の入学試験合格を発表したのが、1913年(大正2年)8月16日だったのです。

帝国大学では、大正10年になるまで、入学は9月だったのだそう。そのため、大正2年の時点では、8月に合格発表がおこなわれていたんですね。

今の女子大生なら、ちょうど、夏休みを満喫している時期でしょうか。

それとも、就職活動や新学期の準備に追われてワタワタ…かな?

日本初の女子大生はどんな人たちだったのか気になる!

さて、日本初の「女子大生」となった3人の人たちについても気になりますよね。

まず、一人目は佐賀県出身の黒田チカさん。

この方は、日本初の女性化学者になった方でもあります。

もう一人は、丹下梅子(ウメ)さん。

丹下さんは、鹿児島県出身で、のちに日本人女性で2人目の農学博士となります。

3人目の牧田らくさんは、東北帝国大学卒業後も大学に残り、数学の研究を続けていたそうですが、大正8年に洋画家の金山平三と結婚。家庭に入ることに。

3人とも、東北帝国大学に入る前に師範学校(現在で言うところの教育大学)で高等教育を受けています。そのため、東北帝国大学に入学したときには、すでに20代後半。丹下さんに至っては40歳だったのだとか。

「女子大生」というと、20歳になるかならないかのキャピキャピ(死語)した女の子たちを想像してしまいますが、日本初の女子大生は思ったより若くなかったのですね。

女子大生の日には何かイベントがあるのかな?

「女子大生の日」に何かイベントは開催されないのかな〜と調べてみると…

2017年には、東京・町田市を本拠地とするサッカークラブ「FC町田ゼルビア」がこの日に合わせて、”女子学生は入場無料!”というイベントを開催していました。

この年、たまたま8月16日に試合が開催されたことが理由のようです。

これを機会に始めてサッカーを見に行くという女性もいたかもしれませんね。

学生街(特に女子大のあるところ)では、「女子大生の日」のサービスとかやってないのかなぁ?

まぁ、学生さんは普段から学割でお安く…というお店も多いでしょうから、わざわざこの日に合わせて何かをしたりしないか…。

まとめ

「女子大生の日」について調べてみると、改めて現在の私たちは恵まれているんだなぁ〜と実感します。

日本初の女子大生が誕生した時代には、まだまだ女性が高等教育を受けられる機会が少なかったのです。勉強したいのに機会が与えられず、泣く泣くお嫁に行った…という女性も多かったのではないでしょうか。

それを思えば、試験にさえ受かれば、どこの大学でも行ける今の時代は、本当に幸せです。私も、幸い大学に行くことができましたが、大先輩たちのことを知ると、学生の頃もっと勉強しておけば良かった…と反省中。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.