記念日

8月27日は何の日?寅さんの日とは?理由や由来は男はつらいよに関係する?

投稿日:

皆さんは、8月27日が何の日かご存じですか?

誕生日でいうと、『雨ニモマケズ』や『銀河鉄道の夜』でおなじみの宮沢賢治、女優の剛力彩芽さんの生まれた日。

記念日としては、東欧の国・モルドバが旧ソビエトから独立した日(独立記念日)や、江戸時代の儒学者・貝原益軒が亡くなった日(益軒忌)となっています。

上の2つ以外にも、8月27日は「寅さんの日」でもあるのですが…。若い方なら、まず「”寅さん”って誰?」というところからお話を始めないといけないかもしれませんね。

というわけで、今回は「寅さんの日」についてのいろいろをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

寅さんって誰?映画だけじゃなくドラマやアニメもあったってホント?

まずは、「寅さん」について。

寅さんとは、『男はつらいよ』シリーズの主人公・車寅次郎(くるま とらじろう)のこと。

「フーテンの寅」とも呼ばれる寅さんは、テキ屋を稼業とし、全国各地を旅しています。

『男はつらいよ』は、寅さんが、ときおり故郷の東京・葛飾柴又に帰ってきては大騒動を巻き起こし…という人情あふれるコメディ作品。

映画は、1969年から1995年まで毎年公開され、全48作品が制作されました。

実は『男はつらいよ』シリーズの始まりは、テレビドラマ。

映画公開の前年の秋から半年間放送されていたもので、最終回では、なんと寅さんが死んでしまうという衝撃的展開だったとか!

寅さんが死んでしまったことに抗議の電話が殺到したことが、のちの映画化につながったのだそう。

今でも、ネットで炎上しそうな案件ですね。

『男はつらいよ』は、その後、アニメ化もされ、コミック版を元にしたものや、寅さんたちをネコとネズミに置き換えた動物版(?)も放送されたそう。

寅さんの日の由来は?理由は第1作の公開日?

さて、いよいよ本題の「寅さんの日」について。

毎年、8月27日が「寅さんの日」とのことですが、由来は一体何なんでしょうか?

調べてみると、映画『男はつらいよ』シリーズの第1作目が公開されたのが、1969年の8月27日。

この日が「寅さんの日」の由来となったのですね。

ちゃんと、日本記念日協会にも認定されていますし、『男はつらいよ』シリーズは、世界最長(作品数)の映画シリーズとしてギネスブックにも登録されているとか。

寅さんは、世界も認めたスゴイ人なんですね〜。

スポンサードリンク

柴又では毎月10日が寅さんの日?

記念日としては、毎年8月27日が「寅さんの日」ということになっていますが、寅さんのお膝元・柴又では、地元商店街が毎月10日を「寅さんの日」として開運縁日を開催しているそう。

こちらは、寅さんの別名”フーテン”にかけて、10(テン)の日なんですね。

柴又帝釈天への参道では、開運メニューやグッズの販売や、寅さんたち登場人物に扮した
地元芸人さんたちがお出迎えしてくれるそう。

毎月10日には、人情味あふれる下町・柴又に遊びに行ってみたくなりますね。

まとめ

そこそこ年を取っている私ですが、実は寅さんの映画はほとんど見たことがありません。

昔は、頻繁にテレビでも放送されていたとは思いますが、まぁ、子供が見て楽しい映画ではないでしょうし、映画の放送というと夜遅い(子供にとっては)時間ですし、親が見せてくれなかったのかも…?

「寅さんの日」という記念日があるのも、今回初めて知りましたし、世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあるなぁ…と思ったところです。

『男はつらいよ』は、ストーリーが面白いだけではなく、どこか郷愁を誘うような作品になっていると思います。

大人になって見てみたら、きっと何かを感じることができるはず…。

「寅さんの日」に合わせて、これまでの作品を見返してみるのも良さそうですね。

【寅さんコスプレ衣装】楽天ならダボシャツもステテコも腹巻も!サミットに仮装して参加しちゃう?

根強い人気を持つ映画シリーズ『男はつらいよ』。 主人公の”フーテンの寅”こと、寅さんの自由な生き方にあこがれているという方も多いのではないでしょうか? 映画や漫画、アニメなどの登場人物にあこがれるとや ...

続きを見る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.