記念日

8月4日(ハシ)で「箸の日」じゃないの?11月11日との違いを分かりやすく紹介!

投稿日:

私たちの生活に欠かすことのできないお箸。我が家では、スパゲッティ(もちろん、”和風”でないものも!)でもお箸で食べちゃいます。

そんな箸に感謝をする記念日、「箸の日」があることはご存じでしたか?

調べてみると、8月4日と11月11日の年に2回の「箸の日」があるとか。

それぞれの由来や関連行事があるのか?などについて、簡単にまとめてみましたよ。

スポンサードリンク

8月4日の箸の日の由来や理由

まず、8月4日の「箸の日」について。

この日は、ハ(8)シ(4)という語呂合わせから制定されたもの。

始まりは、1975年にわりばし組合という団体が「箸を正しく使おう!」という民俗学者の提唱に賛同したことからだそう。

日本記念日協会に登録されているのは、愛知県で箸などの製造・卸・販売を営む、株式会社藤本商會本店が申請したもののようです。

こちらの会社では、この日に合わせて、地元の吉田山龍拈(りゅうねん)寺にある箸塚の前で箸供養をおこなっているとか。

使用済みの箸を持ってお参りすると新しい箸をもらえたり、境内で振る舞われるうどんやフライドポテトなどが無料でいただけるそう。

藤本商會本店では、箸文化を大切にし、お箸に対する感謝の心を忘れないように…という思いから箸供養を始めたんですって。

11月11日の箸の日の由来や理由

続いては、11月11日の「箸の日」について。

こちらは、「1」が4つ並んでいるところが、箸が2膳並んでいるように見えるところから定められた記念日だそう。

この日にちは、国際的な箸文化を研究している専門家や学者さんが提唱したものだそうで、語呂合わせではなく、視覚的な観点から制定されたようです。

11月11日と言えば、このほかにも「ポッキー&プリッツ」や「もやし」、「ちんあなご」など、タテに長い形状のものの記念日に制定されていますよね。

普段、お箸を使わない食生活を送っている外国の方でも、このところの日本食ブームのおかげで、上手に箸を使えるようになっています。

そんな方たちに、もっと箸文化に触れてもらうためには、11月11日の「箸の日」をさらにアピールしていくほうが良いのかもしれませんね。

スポンサードリンク

8月4日と11月11日の比較まとめ

このように、年に2回の「箸の日」には、それぞれの由来や込められた想いがあったんですね。

8月4日は語呂合わせ、11月11日はお箸の形状から…と、どちらもわかりやすい理由なのも興味深いところです。

私自身、お箸を正しく持って、使うことができているのか不安な部分もあるのですが、やっぱり、箸を使ってご飯を食べるのが一番しっくりきます。

普段、何気なく使っているお箸ですが、「箸の日」には改めて、その大切さに感謝したいですね。

1年に一度、どちらかの日に、お箸を新しく交換するというのも良いかも(普通は、お正月を機会に取り替える方が多いのかな?)。

私も、もっと上手にお箸が使えるよう精進します…。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.