記念日

野球の日は8月9日で語呂合わせ!ミズノが制定?他にも野球関係の日がたくさん

投稿日:

プロ野球のシーズンが開幕すると、春を感じる方も多いのではないでしょうか。アメリカ大リーグでも、日本人選手が活躍していますし、春から秋にかけては、野球ファンの方には忙しい季節でもありますよね。

日本で最も身近なスポーツと言っても良い”野球”。そんな野球についての記念日がたくさんあることはご存じでしたか?

今回は、「野球の日」を始めとする野球についての記念日についてご紹介します。

スポンサードリンク

野球の日(8月9日)の由来は?

「野球の日」は、毎年8月9日。

この日は、スポーツ用品メーカーの「ミズノ」直営店の「エスポートミズノ」が募集した”スポーツ記念日”の一つなのだとか。

由来は、8(ヤ)9(キュウ)の語呂合わせとのことですが、この日の前後、夏の全国高校野球選手権大会(甲子園)が開催されていることも関係しているようです。

確かに、お盆の前後は、甲子園で高校球児たちの熱い闘いが繰り広げられていますものね。

「エスポートミズノ」は、関東圏最大級の規模で、野球を始め、さまざまなスポーツに関連する用品がそろうお店。

専門的な知識を持つスタッフがいるお店なので、初心者から上級者まで利用しやすいお店ですよ。

間違えやすい野球関係の記念日

さて、「野球の日」以外にも、野球に関する記念日はたくさんあります。

中でも、プロ野球は、「プロ野球の日(2月5日)」「プロ野球ナイター記念日(8月17日)」、また「プロ野球誕生の日(12月26日)」と、記念日が多すぎ!?

高校野球についても、「高校野球記念日(8月18日)」もありますし、プロでない人々が楽しむ「草野球の日(9月3日)」というものもあります。

さらに「ベースボール記念日(6月19日)」なんていうものもあり…。

ホントに、野球に関する記念日って、多いんですね〜。

それだけ、多くの人に親しまれているということなんでしょうか。

スポンサードリンク

「野球」という言葉を生み出したのは正岡子規?

アメリカから渡ってきたスポーツ「ベースボール」は、いつから「野球」と呼ばれるようになったのでしょう?

「ベースボール」を「野球」と翻訳したのは、中馬庚(ちゅうま かのえ/ちゅうまん かなえ)。

中馬が第一高等中学校の学生だったころ、”野球は野原でするスポーツ”ということから、”野球”としたとのこと。

学生時代に野球が日本に伝わり、熱心にプレイしていたという正岡子規が最初に翻訳、という話もありますが、それは、彼が使っていた雅号「野球」が理由の誤解のようです。

雅号としての「野球」は、子規の幼名「升(のぼる)」をもじり「野(の)球(ぼーる)」と読むもので、「ベースボール」の訳語というわけではありません。

私もずっと正岡子規が「野球」という言葉の発案者なのかと思っていましたが、今回、きちんと正解を知ることができて良かったです。

まとめ

私は、特に野球が好きというわけではないのですが、高校野球の大会が始まると、ついつい母校や地元の学校を応援してしまいます。

ルールも、イマイチよくわかってなかったりもするのですが、ワーワー言いながら応援するのは楽しいですものね。

今回、野球についての記念日をいろいろ調べてみましたが、こんなにたくさんの記念日があるんだ〜と感動してしまいました。

これらの記念日には、野球に興味のない方でも、野球に触れる良い機会になりそうですね。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.