記念日

ヒゲの日は8月8日!由来は何?中高生が初めて使うシェーバーも探してみたよ!

投稿日:

思春期まっただ中の男子がいる我が家。

最初の悩みはニキビだったのですが、そろそろヒゲが生え始め…ちょっとずつ、おじさんに近づいているのを感じる今日この頃です。

ヒゲが生えてきたとは言え、まだうっすらという感じなので、どんなシェーバーを使おうか?と悩んでいる様子。

ヒゲと言えば、男性の象徴のように思いますが、思春期男子には、手入れがめんどくさいもの、としか思えないようです。

さて、今回は、そんなヒゲのお手入れや、「ヒゲの日」についてのいろいろをまとめてみました。

スポンサードリンク

ヒゲの日が8月8日の理由は?

「ヒゲの日」として定められているのは、毎年8月8日。

これは、漢字で「八」と書いた様が、ヒゲの形に似ていることが由来なのだそう。

確かに、ヒゲと言えば、鼻の下でキレイに揃えられた”八の字ヒゲ”ですものね。

始まりは、1978年と案外歴史があり、カミソリメーカーのシック・ジャパンが一般の応募から選定したそうです。

ヒゲを整えることもそうですが、この日には、キレイにヒゲを剃る日という意味も込められているそう。

ヒゲが生え始める中高生にオススメのシェーバーは?

さて、我が家の男子高校生ですが、今のところ、特にひげ剃りが欲しいとは言ってきていません。

そろそろ、「ひげ剃り買ってよ〜」と言ってくるかもしれないので、今のうちに、いくつか見繕っておこうかと思います。

まず、一番簡単なのは、いわゆる”安全カミソリ”タイプでしょうか。

電池も要りませんし、軽くて持ち運びも便利。

部活の合宿や修学旅行に持っていくならこういうタイプのほうが良いかも。

替刃付きのものが多いので、エコですよ〜。

でも、安全カミソリでは太刀打ちできないほど、ヒゲが生えてきたのなら、やっぱり電動のほうが良いでしょうか。

水洗いOKのものでも、案外お安く買えるんですね〜。

これなら、自分のお小遣いの中で買わせるのもアリかな?

思春期の敏感なお肌には、シェービングジェルも必須ですね。

安全カミソリタイプのものと合わせても1000円ちょっとなら、早速、使わせてみようかな。

カミソリの博物館もあるよ!

カミソリについて調べていると、もっとカミソリのことが知りたくなりますよね(!?)。

そんな方にオススメなのが、カミソリメーカー・フェザーが運営している博物館「フェザーミュージアム」。

ここは、カミソリや精密刃物を展示している世界初の刃物の総合博物館とのこと。

フェザーのこれまでの歩みだけでなく、刃物の歴史(石器時代から現代まで!)も学べる施設になっているようです。

所在地は、岐阜県関市。

関市と言えば、”刃物の町”として有名ですよね。

住所:〒501-3873 岐阜県関市日ノ出町1丁目17

TEL:0575-22-1923

まとめ

「ヒゲの日」には、ヒゲをキレイに保つことのほかに、ひげ剃りをきちんとする日という意味合いもあったんですね〜。

まぁ、中高生なら、校則で「ヒゲを生やすことを禁ずる」なんてのがあるかもしれないので、キレイに剃ることを優先するほうが良いかも。

最近は、ヒゲモチーフのグッズがプチプラの雑貨屋さんや100円ショップでも売られているので、女の子でもヒゲ好き(?)が多いようです。

「ヒゲの日」には、そんなグッズを使って写真を撮るのも楽しそう!

男の子も女の子も、「ヒゲの日」は、盛り上がりそうですね〜。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.