イベント

ブラティスラヴァ世界絵本原画展2017の期間と場所の巡回情報!

投稿日:

スロヴァキア共和国の首都・ブラティスラヴァで2 年ごとに開催されている「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」。

英語で書くと、「Biennial of Illustration Bratislava(BIB)」となります。「Biennial(ビエンナーレ)」とは、2年に1回開かれる展覧会のこと。

「BIB」は、2015 年の秋に第25 回・50 周年を迎えました。

それを記念した展覧会「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 絵本の50年 これまでとこれから」が、2016年から2017年にかけて、全国各地を巡回。

現在は、神奈川県の平塚で開催中です。

ラストチャンスとなるこの機会。見逃さないために、情報を集めてみました。

スポンサードリンク

「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」っていつからいつまで?

現在、神奈川県平塚市にある平塚市美術館で開催されている「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 絵本の50年 これまでとこれから」。

会期は、2017年7月8日(土) から8月27日(日)まで。

平塚市美術館 ブラティスラヴァ世界絵本原画展

もうすぐ、終了してしまうので、まだ見に行っていない方は、お早めに〜。

会期が、夏休み中ということもあり、お子さんが楽しめるような企画もいろいろある(あった)ようです。

8月19日(土)には、学芸員によるギャラリートークも予定されているので、お子さんと一緒に見に行くのも良いですね。

入館料は、

  • 一般:900円
  • 高校生・大学生:500円

となっています。

中学生以下と、毎週土曜日は高校生も無料になるそう!

「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」の会場へのアクセスは?

「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」が開催されている平塚市美術館へのアクセスは、バスを使うと便利なようです。

最寄りのJR・平塚駅や小田急・小田原線の伊勢原駅から美術館の前を通るバスが出ていますので、そちらをご利用ください。

最寄りのバス停名は「美術館入口」(そこから徒歩1分)、または「横浜ゴム前」(そこから徒歩5分)。

平塚市美術館 アクセス

また、美術館には、専用の駐車場(しかも、無料!)がありますので、車で行くのも良いかも。

駐車台数は70台とのことですが、曜日や時間帯によっては、満車になることもあるそうなので、ご注意くださいね。

スポンサードリンク

「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」って今までどこを巡回してきたの?

「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」は、これまで、

うらわ美術館(埼玉県)、岩手県立美術館、千葉市美術館、足利市立美術館(栃木県)

の4ヶ所を巡回してきました。

現在、開催中の平塚市美術館は、巡回展の最後の場所になるようです。

それはそうと、今回は、東日本を巡回しただけで、西日本には来てくれなかったんですね…。

せっかく、子どもたちも、いろいろな絵本に触れられる機会なのに、残念…。

次の開催時には、西日本を中心に巡回してくれることを期待したいと思います。

まとめ

「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」は、これまで、日本人の作家もグランプリや”金のりんご賞”を受賞しています。

1979年に、金のりんご賞を受賞した、安野光雅さんの『旅の絵本㈼』はロングセラーの絵本ですから、図書館や書店で見たことがある方も多いのではないでしょうか。

お子さんに、どんな絵本を読ませたら良いか悩んでいる方は、まずは、BIBの各賞を受賞したものから選んでみるのも一つの方法かもしれませんね。

平塚周辺にお住まいの方は、ぜひ、お子さんと一緒に「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」にも足を運んでみてください。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-イベント

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.