食事

ブルーボトルコーヒーの缶は通販で買える?違いや値段は?

投稿日:

サードウェーブコーヒーと聞いて思い浮かぶのは、「BLUE BOTTLE COFFEE(ブルーボトルコーヒー)」。国内では、まだ東京都内にしかお店がないので、行ったことがないという方のほうが多いかもしれません。

そんな「ブルーボトルコーヒー」から、缶入りのアイスコーヒーが発売されました。この商品、すでにアメリカでは販売されていたようですが、ようやく日本でも買えるようになったとのこと。

どんなものなのか、気になったので調べてみました。

コールドブリューブルーボトルコーヒーの缶が発売!値段は?

「ブルーボトルコーヒー」から発売された缶入りのアイスコーヒーは、「BLUE BOTTLE COFFEE COLD BREW(ブルーボトルコーヒー コールドブリュー)」。

”コールドブリュー”とは、”水出し”のこと。

コーヒーはお湯で入れることのほうが多いかもしれませんが、水からゆっくりと抽出すると、まろやかな味わいを楽しむことができるんですよ。

さて、この「ブルーボトルコーヒー コールドブリュー」は、アメリカで抽出された水出しコーヒーが缶の中に入ったもの。

容量は236mlで、お値段は600円(税抜)。

ブルーボトルコーヒーのお店で、普通にコーヒーを飲むだけでも、それくらいの金額はかかりますので、まぁ、こんなもの…かな?

スポンサードリンク

ブルーボトルコーヒーの缶は通販では買える?

残念ながら、「ブルーボトルコーヒー コールドブリュー」は、実際にお店に行かないと買えないようです。

ブルーボトルコーヒーの公式通販サイトでも、缶入りコーヒーの販売はありませんでした。

数量限定のようなので、飲んでみたい方は、お早めに〜。

ブルーボトルコーヒー Tokyo

缶との違いは何?

ブルーボトルコーヒーの公式通販サイトでは、缶入りコーヒーの取り扱いはありませんでしたが、コールドブリュー用のキットが販売されています。

BLUE BOTTLE COFFEE オンラインストア

このキットは、「COLD BREW KIT」と「COLD BREW STARTER KIT」の2種類。

水出し用のボトルやコーヒー豆などがついて、「COLD BREW KIT」は4300円、「COLD BREW STARTER KIT」は8000円。

※価格はすべて税抜きです。

「STARTER KIT」には、コーヒーミルが付いているので、今後、ご自宅で豆をひいてみようかな〜と思っている方にオススメのキットです。

専用のボトルに、コーヒー豆と水を入れて、一晩(時間にすると8時間ほど)冷蔵庫に入れておくだけで、美味しいアイスコーヒーがお家でも楽しめるなんて…!

挽き立てのコーヒー豆を使ってこのボトルでアイスコーヒーを作ったら、もしかしたら、缶入りのものより美味しいかも!?

なんでも、新鮮なもののほうが美味しいですもんね〜。

BLUE BOTTLE COFFEE オンラインストア

みんなの感想や口コミ

実際に、ブルーボトルコーヒーの缶入りアイスコーヒーを飲んだ方の感想をTwitterで集めてみました。

手にとってみると、ホントに、コロンと小さい缶なんですね〜。

https://twitter.com/sexyleftyballer/status/875659958943047680

この方は、缶入りコーヒーをお土産に買われたようですね。

お土産としてもらった方は、やっぱり、実際にお店に行ってみようかな〜と思いますよね。
実際にお店でコールドブリューコーヒーを飲んでみた方は…

酸っぱかった…という方から

爽やかで美味しかった〜という声も。

まぁ、酸味のあるコーヒーが苦手…という方は多いですからね(私もですが…)。

でも、夏に飲むなら、やっぱりアイスコーヒー! それが、水出しなら、なおさら美味しいと思います。

スポンサードリンク

まとめ

我が家にも水出しコーヒー用のボトル(ブルーボトルコーヒーのものではありませんが…)があるので、よく作って、飲んでいます。

あまりコーヒーに詳しくない私でも、確かに、水出しのほうがまろやかな感じがする…かな?と感じるくらいですから、お店でスタッフの方がちゃんと入れてくれた水出しコーヒーはもっと美味しいのではないでしょうか。

缶入りのコールドブリューコーヒーは、アメリカで作っているということですから、まさに本場の味が楽しめるわけですね!

限定販売と言わず、いつでも買えるようにしてくれないかなぁ〜。ついでに、通販でも買えればいいのにな〜。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-食事

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.