記念日

バスの日の9月20日には各地でイベントも開催されるよ!日本最長の路線バスで旅してみる?

投稿日:

私たちの生活に欠かすことのできない公共交通機関というと、まず、鉄道を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

でも、田舎に住んでいると、線路が通っていないところのほうが多く、そんなところへのアクセスはバスが便利なことも。

都会では、渋滞に巻き込まれて時間通りに運行されないこともあるバスですが、田舎では、のんびり自然を眺めながら乗れるというメリット(?)もあります。

また、このところ、ゆったりした座席配置のバスで、ちょっとゴージャスな旅(日帰りも含む)ができるツアーも人気なのだとか。

日常生活でも旅行でも活躍してくれるバスですが、そんなバスにちなんだ「バスの日」という記念日があるんですよ。

スポンサードリンク

バスの日の由来って何?

「バスの日」は、毎年9月20日。

この日は、1903(明治36)年に京都市内でバス事業が始まったことにちなんでいるそうです。

私が想像していたよりも、ずっと前からバスが運行されていたんですね〜。

ただ、この京都でのバス事業に関しては、ほかの場所での運行のほうが日本初なのでは?という説もあるそう。

まぁ、今から100年以上も前のことですから、諸説あるのも仕方ないでしょうか。

とにかく、この日は、日本バス協会から1987(昭和62)年に「バスの日」と定められ、今に至ります。

各地でイベントも開催されるよ〜

9月20日の「バスの日」近辺には、全国のバス事業者がさまざまなイベントを開催しています。

こちらは2017年の情報ですが、さすが東京だけあって、盛大に開催されるようですね。

各社のバスが集合するだけでなく、マスコットキャラクターも来てくれるなら、大人も子どもも、男の子も女の子も大喜び!

各地で毎年恒例のイベントになっているようなので、楽しみにしているご家族連れも多いのではないでしょうか。

特産品の販売や地域のスポーツチームの選手が登場するところもあるようですよ。

電車のローカル線もそうですが、バスの路線は特に地域密着型ですものね。

スポンサードリンク

日本最長の路線バスってどこを走ってるの?

最近、バスで各地を旅するテレビ番組が人気です。

バスだけで、限られた日数で目的地にたどり着けるか!?という番組は、旅情も感じつつ、ハラハラドキドキしてしまいますよね。

実際には、そんなあてどもない旅をするのは大変なので、今回は、ちょっとだけ(?)ハードなバス旅をご紹介します。

どんな風にハードかというと、走行距離が166.9kmと日本一長い(高速を利用するバスを除く)路線バスで、約6時間半の旅になるからなのです!

その路線バスは、奈良県の近鉄「大和八木」駅から和歌山県のJR「新宮」駅までを結ぶもので、途中の停留所の数はなんと166(各事情により停車しない場合も有り)。

運行中は、3回の休憩タイムまで設けられているというこのバス路線は、バス旅好きの間では有名なようですよ。

途中には、十津川温泉、湯の峰温泉などの温泉もありますし、途中下車して世界遺産に認定されている熊野古道を歩いてみるも良し…。

いろいろな楽しみ方ができそうです!

まとめ

先日、久々に、子どもを連れてバスに乗ってみました。

普段あまり乗らない場所の路線バスに乗ったので、なんだか子どもと一緒に新鮮な気分を味わうことができました。

たまには、のんびりバスの旅も良いなぁ〜と改めて思ったところに、「バスの日」を知ったので、次に、近くでイベントが開催されることがあれば行ってみたいと思います。

皆さんも、お近くのバス会社が主催したイベントがないか探してみてくださいね〜。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.