イベント 時事 暮らし

カジノ法案の候補地はどこ?内容も分かりやすく説明するよ

更新日:

最近よく「カジノ法案」ってニュースで耳にしますよね。

そもそもカジノ法案ってなになのでしょうか。どうしてこんなにも議論されているのでしょうか。今回はそんなカジノ法案について解説します!

そもそもカジノ法案ってなに?

カジノ法とは、通称で、正式名称を「IR法」といいます。IRとはIntegrated Resortsの略称で、日本語では総合リゾート施設と言われます。この総合リゾート施設にカジノが含まれることから「カジノ法」と呼ばれるようになりました。

従来の法では日本は競艇や競馬などの公益ギャンブル以外の賭博は禁止されています。そんな中でこの法を施行することで、カジノを作ることを可能にしようとされています。ではなぜ政府はカジノを作ろうと思っているのでしょうか。

メリット

メリットその1

海外からの観光客が増える 日本からカジノが可能なラスベガスに行くように、日本にカジノを作ることによってそれをお目当てにくる観光客が見込まれます。

日本国内でお金が動くのみならず、海外の人にお金を出してもらうことで日本のお金が増えていきます。2020年の東京オリンピックも視野に入れ、外国からの感顧客を見据えて作ることが検討されています。

メリットその2

国の収入が増える。 カジノでは莫大なお金が入ります。それに税金をかけることで国の収入が増えます。収入が増えると色々なことに使うことができます。そうすると日本全体の利益になります。

メリットその3

違法賭博を減らすことができる。 公益ギャンブル以外は禁止されているといっても、実際は色々なところに違法賭博をしているお店があるようです。

しかし、カジノを解禁することでそちらに客を流し、お金の流れが不透明な違法ギャンブルを減らすことができると考えられています。

 

デメリット

デメリットその1

ギャンブル依存症の増加が懸念されている。 ギャンブルを増やすことで、それに伴ってギャンブル依存症も増えることが予想されています。

デメリットその2

治安が悪化する。 お金目当ての人が増えるということは、少し怖い人たちやお金に執着している人たちが増え、犯罪が多発することが予想されています。

デメリットその3

不審なお金の動きが予想される。 利益となったお金が暴力団の資金源になることや、誰かが不正に取得したお金をうやむやにすることができてしまうことが予想されています。

 

スポンサードリンク

 

カジノ法案が通った場合どこにできるの?

日本経済新聞によると、主なカジノの候補地は北海道から沖縄まで候補に挙がっています。それぞれ主なものをご紹介します。

  • 北海道は小樽・苫小牧・釧路が誘致を表明しています。
  • 千葉は幕張沖に人口の浮島「メガフロート」を作りカジノ誘致を表明しています。
  • 東京は、台場・青海が候補となっています。
  • 神奈川は横浜が検討会を立ち上げました。
  • 大阪は人口の島「夢洲」が候補に挙がっています。
  • 長崎はハウステンボスの近くに誘致を表明しています。
  • 宮崎はシーガイヤに誘致を表明しています。
  • 沖縄は施設を作るための調査費を計上しました。

どこにつくるのかをすでに決めている都道府県もあれば、誘致のために動きはじめた都道府県もあります。全体的に繁華街からは離れた、いわゆる”離れ小島”のようなところに誘致を予定しているところが多いようです。

誘致ができればその地域の繫盛は容易に予想できるので、自治体は誘致を希望しているところは多いですが、住民からの反対があることが課題です。

スポンサードリンク

まとめ

メリットはやはりお金です。お金が入るからと言って、簡単にカジノを作ってよいのか、病気の人が増えたり日本全体の治安を悪くすることになるのではないかということが議論されています。

しかし、パチンコも事実上のギャンブルではないのかなど、色々なことを含めて議論が続いています。

 

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-イベント, 時事, 暮らし

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.