記念日

清掃の日が9月24日の理由は?この日からは環境衛生週間も開始!ゴミを減らしリサイクルを進めよう!

投稿日:

家事の中で、私が最も苦手なのが掃除。

知らない間にホコリは溜まるし、引き出しの奥からは、いつからそこにあるのかわからないようなものが続々と出てきます。

ここ数年来の断捨離ブームに乗って、私もいろいろと捨てようと試みたこともあったのですが、まだまだタンスの肥やしもたくさん残っている状態…。

そんなとき、私にこそピッタリな記念日「清掃の日」があることを知りました。

一体、どんなことを目的に制定されたのでしょうか。

普段、掃除をしない人に掃除をさせる日!?とドキドキしながら、調べてみましたよ。

スポンサードリンク

どうして9月24日が清掃の日になったの?

清掃の日は、毎年9月24日。

その由来は、1971(昭和46)年、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」が施行されたことなんだとか。

この法律は、廃棄物の排出抑制と処理の適正化により、生活環境の保全と公衆衛生の向上を図ることを目的としています。

今でこそ、ほとんどのゴミ(廃棄物)は適切に処理されていますが、この法律ができた頃には、捨て方もムチャクチャだったんでしょうね…。

ゴミをきちんと処分しないと、環境汚染にもつながりますし、それが原因で国民の健康を損なうことにも。

いったん、環境が汚染されると元の状態に戻すまで、長い年月がかかります。

今の自分たちのことだけでなく、これから先のことも考えてゴミを処理していかないといけませんね。

9月24日から10月1日までは環境衛生週間!

さらに、9月24日の「清掃の日」から10月1日の「浄化槽の日」までは、〈環境衛生週間〉と定められています。

この週間(実際は8日間ありますが…)では、ゴミ問題について考えていこうというもので、「ごみ減量 みんなで進める リサイクル」を標語として各地で啓発活動もおこなわれているそう。

清掃業務を中心に展開しているダスキンでは、子どもたちと一緒に各地を清掃するクリーンアップマイタウン活動の一環として、2018年の清掃の日に、世界遺産〈日光山輪王寺〉の清掃活動をおこなうとか。

詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。

清掃の日に限らず、皆さんのお住まいの地域でも折に触れて清掃活動がおこなわれていることと思います。

お子さんと一緒に地域の清掃活動に参加してみるのも、ゴミ問題・環境問題について考える良い機会になるかもしれませんね。

スポンサードリンク

ゴミを減らすためにはどうしたら良い?

清掃の日は、ただ単に”お掃除をして身の回りをキレイにしましょう!”という日ではないようです。

近年、課題となっているのは、掃除をしたあとに出るゴミをどのようにして減らしていくか、ということ。

家庭でできることと言えば、ゴミの分別をしっかりおこなう、買い物に行くときはエコバッグを活用する、ゴミとして捨てる前に何か再利用できることがないか考える…などでしょうか。

我が家でも、ゴミの分別はもちろんやっていますし、履き古した靴下などもそのまま捨てるのではなく窓やサッシを拭いてから捨てるようにしています。

ほんのちょっとしたことではありますが、一人一人ができることをやっていきたいですね。

まとめ

「清掃の日」は、普段、掃除をしない人に掃除をさせる日ではありませんでした(…ホッ…)。

でも、この日は、清掃を通じて、身近な環境について考える大切な日。

今は、何でも手頃な値段で買える時代です。壊れてしまっても、修理するより買い直す方が安いことも。

使い捨ても便利ですが、1つのものを長く大切に使うということも考えていかないといけないかもしれませんね。

ゴミを出す量を減らすためにも、私たち一人一人が自分にできる範囲で活動していきたいものです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.