記念日

コーヒーの日の由来は?カルディではキャンペーンをやってるけどスタバでは?

投稿日:

ちょっと一息…というときに飲みたくなるのがコーヒー。

最近は、コンビニで入れ立てのコーヒーがお安く買えるようになり、嬉しいですよね。

買わないときでも、ほかのお客さんが買ったコーヒーの香りがかぐわしく、それだけでも癒やされます。

さて、そんな私たちにホッと一息つかせてくれるコーヒーについての記念日があることはご存じでしたか?

その日には、いろいろなコーヒーショップでお得なキャンペーンも実施されているそう。

今回は、「コーヒーの日」の由来やお得なキャンペーン情報についてまとめてみました。

スポンサードリンク

コーヒーの日は10月1日!その由来は?

「コーヒーの日」は、10月1日。

日本での「コーヒーの日」の歴史は長く、1983年に全日本コーヒー協会が定めたものが始まりと言われています。

コーヒーの生産地・ブラジルでは、毎年9月末までにすべてのコーヒー豆の収穫を終え、10月から新しい年度を迎えるのだそう。

そのことに加え、日本では、秋から冬に温かいコーヒーの需要が高まることもあり、10月1日を「コーヒーの日」としたようです。

その後、2015年に国際コーヒー機関(ICO)も、この日を「国際コーヒーの日」とし、世界各国でもキャンペーンがおこなわれるように。

ICOの定めた「コーヒーの日」では、コーヒーの美味しさを知ってもらおうということがメインではなく、フェアトレードを推進したり、農園で働く人たちの苦労を知って欲しいということが主な理由だそう。

カルディでは、コーヒーの日バッグを発売予定

輸入食品や国内各地の珍しい食材・お菓子などの販売をおこなっているカルディは、美味しいコーヒーを取り扱うお店としても知られていますよね。

そんなカルディでは、ここ数年、10月1日の「コーヒーの日」には、コーヒー豆数点をバッグに詰めた「コーヒーの日バッグ」の販売がおこなわれています。

2016年と2017年には、コーヒー豆が入れられている麻袋をイメージするようなデザイン。

それ以前のときには、こんなデザインだったんですね〜。

多分、今後も毎年販売されると思いますので、「コーヒーの日」が近づいてきたら、店頭や公式サイトでチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スターバックスコーヒーではコーヒーの日キャンペーンをやってる?

では、世界各国に展開しているスタバでは、「コーヒーの日」を記念したキャンペーンを実施しているのでしょうか?

調べてみたところ、日本国内のスタバでは、特別に「コーヒーの日」を盛り上げるイベントは開催していない模様。

ただ、スタバでは、毎月20日を「Ethically Connecting Day 〜エシカルなコーヒーの日〜」として、フェアトレード認証のコーヒー豆をアイスコーヒーにして販売しているそう。

”エシカル(ethical)”とは、”倫理的”とか”道徳上”という意味の言葉。

農園で正当な賃金ももらえず働いている人がいたり、生産性向上のため使う必要のない農薬が散布され、それが環境破壊につながったり…ということがいまだに各国の生産地でおこなわれています。

そんな過酷な状況のなかで生産されたコーヒーなどが私たちの元に届いているのか…と思うと、ちょっと切ないですよね。

スタバの「エシカルなコーヒーの日」は、上でご紹介したICOの定めた「コーヒーの日」の主旨にも近いのかな?と思います。

まとめ

「コーヒーの日」を10月1日と制定したのは、日本の団体のほうが先だったんですね。

「コーヒーの日」は、美味しいコーヒーを楽しむ日でもありますが、生産地の方に思いをはせ、フェアトレードなどについて考える日にもしたいです。

カルディでは、お得で嬉しい「コーヒーの日バッグ」も販売されますし、より一層、コーヒーに親しむこともできるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.