食事

カップヌードル抹茶のカロリーと味の評価や感想は?塩分ってどうなの?

いつも、インパクトのあるCMで話題になる日清のカップヌードルですが、2017年初頭、衝撃の新商品が発売されましたよ!

チョコ風味やショートケーキ味のカップ焼きそばが登場しているので、今さら、それを超えるものが出るのか?とも思いますが、業界トップの会社が、斬新な味わいのものを出すとは!という驚きもありました。

今回、新発売された商品は、カップヌードル史上初となる茶そば風の緑色の麺が特徴の「カップヌードル 抹茶」。

どんな味なのか、ものすごく気になりますよね−。

カップヌードル抹茶って!?

「カップヌードル 抹茶」は、日清が誇る3つのカップ麺ブランドから新たな和の世界観を表現した「じゃぱん(ハート)ぬーどるずトリオ」の中の一つです。

日清食品 ニュースのページ「じゃぱん(ハート)ぬーどるずトリオ」
https://www.nissin.com/jp/news/5700

カップヌードルは「抹茶」、どん兵衛は「すきやき」、焼そばU.F.O.は「梅こぶ茶」と、外国から日本に来られた観光客の方にも興味を持ってもらえそうなラインナップですね。

パッケージも、富士山や浮世絵が描かれていて、クールな感じです。

さて、カップヌードルの「抹茶」ですが、シーフード味をベースにしているそう。クリーミーな味わいと、茶そば風の麺がどのように絡み合うのか…。まだ、ちょっと想像がつきません。

お値段は、1つ180円(税別)です。

スポンサードリンク

味の評価や感想は?

Twitterを見てみると、実際に食べてみた方の感想がちらほら。

まぁ、思ったより大丈夫だった、という感じでしょうか。

麺は、思ったほど「抹茶」感がないようです(色はスゴイけど…)。

抹茶味のカップヌードルが出るという情報が出たとき、「日清よ、お前もか!?」と思った方も多いと思います。

そっちの路線は狙わなくても良いんじゃないの?と思いつつ、基本的な美味しさの部分はキープしてくれていたようで、ちょっと安心しました。

カロリーや塩分は?

さて、気になるカロリーや栄養成分は…?

カロリーは、1食当たり375kcal。

内訳は、麺+かやくで310kcal、スープが65kcalだそう。

思ったより低かったですね。

ちなみに、ノーマルなカップヌードルは、353kcal、カップヌードルライトは、198kcalです。

1食当たりに含まれる食塩相当量は4.1g (麺+かやくで2.1g 、スープで2.0g)。

厚生労働省が公表している、日本人のナトリウム(食塩相当量)の目標量は、1日当たり、男性が8.0g未満で、女性は7.0g未満となっています。塩分や血圧が気になる方は、スープを飲み干さないようにするなど、工夫が必要ですね。

スポンサードリンク

まとめ

変わり種のカップ麺が発売されすぎて、消費者はちょっとやそっとのことでは、驚かなくなっているのかもしれません。さらにその上を行こうとすると、もう何がなにやらわからなくなってしまうのでは?と心配になってきます。

本来は、消費者に美味しいものを届けてくれるのが食品メーカーの役割なのだと思いますが…。とか言いながら、また新しいテイストの商品が発売されたら気になって買ってしまうことでしょう。

私たちの予想や期待を良い意味で裏切ってくれる美味しいカップ麺が、これからも登場してくれることを楽しみにしたいと思います。

関連コンテンツ

関連コンテンツ