記念日

法の日とは?記念日の理由や由来!法の日週間は霞ヶ関で関連イベントも開催♪

投稿日:

普段、私たちが(ひとまず)自由に安心して暮らしていられるのは、私たちの生活が法律によって守られているからです。

かといって、専門家でもない限り、日本国内で施行されている法律すべての条文を記憶しておくのは無理ですよね。

何か身の回りで事件や不便なことが発生し、調べてみて初めてそのことに関する法律を知った…ということもあるかもしれません。

そんな風に、私たちの身近にありながら知らないことも多い、法律についての記念日「法の日」があることは、皆さん、ご存じでしたか?

「法の日」とは、一体、どんな記念日なのでしょうか。

気になったので、調べてみることにしました。

スポンサードリンク

法の日って、何を記念した日なのかな?

「法の日」は、国民に法の役割や重要性について考えるきっかけになるように、と1960(昭和35)年に制定された記念日です。

「国をあげて法の尊重,基本的人権の擁護,社会秩序の確立の精神を高めるための日」、と字面だけを見ていると、ものすごく難しそうな感じがしますが、国民がそれぞれ幸せに安全に暮らせるように…という思いが強く込められている日ではないでしょうか。

もともと、1928(昭和3)年10月1日に陪審法が施行されたことによって,翌年からこの日を「司法記念日」としていたのだそう。

名前としては、こっちのほうがカッコいいような気もしますね。

毎年、霞ヶ関ではイベントも開催!

「法の日」からの1週間は、法の日週間として、各地でイベントが開催されています。

中でも、最高裁判所など中央官庁が集まる霞ヶ関では、毎年「法の日フェスタ」という大きなイベントが開催。

2017年度には、アイドルグループ・仮面女子のメンバーを広報大使に任命し、ステージイベントも実施されたそう。

アイドルを広報大使に任命すれば、若い世代の方も注目してくれますよね。

そして、「法の日フェスタ」のメインイベントと言っても良いのが、最高裁判所の法廷見学会!

毎年、8月の終わり頃から募集が始まるようです。

「法の日」週間記念行事のご案内

こちらは2018年度分の募集要項。すでに定員に達しているかもしれませんが、ご参考まで。

法務省の赤れんが棟周辺では、検察官による模擬取り調べ実演や少年院で実施されている教育プログラムなど、なかなか普段の生活では体験できないようなことにも参加できるとか!

いずれのイベントも無料で参加できますよ〜。

各地の弁護士会でも無料相談会やパネル展示などを実施

上でご紹介した「法の日フェスタ」以外にも、「法の日」に関連したイベントは各地の弁護士会主催でおこなわれています。

「法の日」週間記念無料法律相談

例えば、こちらは2017年度の香川県弁護士会の情報ですが、無料で法律相談や、法律に関するパネル展示などをおこなっているそう。

司法書士による「法の日」無料相談会

横須賀市では、司法書士による無料相談会も実施されるとか(こちらは、2018年の情報です)。

こちらのように、弁護士会がSNSで積極的に情報を発信している地域もあります。

お近くの自治体、裁判所、弁護士会などのHPやSNSをチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

毎年、10月1日が「法の日」ということを今回、初めて知った私です。

法律や規則というと、アレはダメ、コレはダメ、とがんじがらめにされてしまうイメージもありますが、逆に言うと、そのおかげで、私たちの生活が安全に守られているんですよね。

裁判員制度も始まって約10年。

いつ、自分が法で人を裁く立場にならなくてはいけないのかわかりません。

そのためにも、少しずつでも、法について考える機会を増やして行きたいなぁ、と思っています。

「法の日」以外でも、各地の裁判所では随時、見学や裁判の傍聴を受付しているそう。

私も、機会があれば、地元の裁判所に傍聴人として足を運んでみたいです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.