食事

妊娠中でも飲める美味しいオススメカフェインレスコーヒー!

投稿日:

妊娠中、または、これから妊娠を考えている妊活中の方は、ご自分の体のこと、赤ちゃんのこと…といろいろと気を遣うことがたくさんですよね。

体を冷やさないようにしたり、食べるものにも気を遣ったり、皆さん、様々な工夫をされていることと思います。

中でも、気になるのがカフェインについてではないでしょうか。

普段、何気なく口にしているものにもカフェインが含まれていますし、コーヒーや紅茶が好きな方なら、意識して別の飲みものに変えたり…ということもされていると思います。

今回は、妊婦さんでも安心して飲めるカフェインレスコーヒーなどについて情報を集めてみました。

スポンサードリンク

妊娠中はカフェインの摂取を控えたほうが良い?

どうして妊娠中には、カフェインの大量摂取を控えたほうが良いのでしょうか。

母体への影響としては、

  • トイレが近くなる→尿と一緒に必要な栄養分まで排出してしまう
  • 胃が痛くなったり、吐き気がしたりする

ということがあるようです。

赤ちゃんへの影響は、もっと深刻で、胎盤を通して赤ちゃんが大量のカフェインを摂取した場合、生育不良や早産、最悪の場合には死産になってしまうこともあるとか…。

ただ、これは、あくまでも大量に摂取した場合のことで、1日2〜3杯程度のコーヒーを飲むくらいなら、それほど気にすることはないそう。

あまり気にしすぎて、それがストレスになってしまうのも良くないので、何事もほどほどに…ということですね。

妊娠・授乳中でも安心のカフェインレスコーヒー

カフェインの摂取量が気になる妊婦さんにオススメなのが、カフェインを除去している「カフェインレスコーヒー」。

お店によっては「デカフェ」コーヒーと記載しているところもあります。

「カフェインレス(デカフェ)」とは、元々カフェインを含むものからカフェインを除去したもののこと。

除去するための方法は、いろいろありますが、近頃、主流なのは二酸化炭素をつかった方法のようです。

最近は、街のコーヒーショップでも取り扱っているところが増えてきて、かつて妊婦だった私からすれば、うらやましい限り。

店内で飲めるところもありますし、ドリップバッグやスティックタイプのものなら、妊婦さんや授乳中の方へのプレゼントにピッタリですね♪

スポンサードリンク

カフェインレスコーヒーの飲めるお店は?

カフェインレスコーヒーが飲めるお店と言えば、まっさきに思い浮かぶのはスターバックス!

スターバックスでは、99%カフェインを除去した豆を使っているそうです。

ドリップコーヒーだけでなく、カフェモカやキャラメルマキアートも「デカフェで」と注文できるのも嬉しいですね。

このほか、タリーズコーヒー、ドトールでもカフェインレスのコーヒーが取り扱われています。

案外、あちこちでカフェインレスのコーヒーが飲めるもんなんですね〜。

赤ちゃん用品のお店や、大きなスーパーなどに行けば、カフェインレスのインスタントコーヒーも売られています。

また、カルディのようなコーヒー豆を取り扱っているお店では、カフェインを除去した豆が買えますよ(もちろん、スタバでも!)。

お家でもカフェインレスコーヒーを楽しみたい方には、嬉しいですね♪

まとめ

私が妊婦だったころには、こんなにあちこちのお店でカフェインレスのコーヒーが飲めたかしら…。

赤ちゃん用品のお店には、カフェインレスのコーヒーやカフェインの入っていない飲みもの(タンポポコーヒーや黒豆茶など)が売られていましたが、それほど飲みたいと思わず買わなかったように思います。

今は、いろいろなお店でカフェインレスのコーヒーが楽しめるので良いですね〜。

ただ、カフェインレスとは言っても、完全にカフェインを除去できているわけではないので、くれぐれも飲み過ぎにはご注意を!

少しでも”体調がおかしいな…”と思ったら、飲むのを控えて、お医者さんに相談してくださいね。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-食事

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.