映画・アニメ

電影少女(ドラマ)の放送はいつから?主演キャストもチェック!

投稿日:

桂正和さんの代表作『電影少女』は、1989年から1992年まで「週刊少年ジャンプ」で連載されていました。

もう、そんな前なの…!?とビックリ。2017年秋、さらにビックリするようなニュースが!なんと、連載開始から25年経って、実写ドラマ化されることが発表されました。

どんなドラマになるのでしょうか?気になりますよね。

スポンサードリンク

『電影少女』のドラマの放送はいつから?

今回、制作されるドラマ版のタイトルは『電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜』。

タイトルに”2018”と入っているように、放送は2018年に入ってからだそう。

テレビ東京系列で放送されている土曜深夜ドラマ枠「土曜ドラマ24」で、1月からの放送になるようです。

『電影少女』というタイトルの読み方ですが、「でんえいしょうじょ」とそのまま読むのが正式な読み方(コミックスでもそのようにルビが振られているそう)。

でも、作中に登場する女の子たちを指すときや英語の副題では「VIDEO GIRL(ビデオガール)」となっているので、結局は、どちらでも良いみたいです。

ドラマ『電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜』の主演は?

『電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜』は、原作となった漫画から25年後の世界を描いたものになるそう。

主演は、注目の若手俳優・野村周平(のむら しゅうへい)さん。

野村さんと言えば、最近の話題作『ちはやふる』(映画)や『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(TVドラマ)にも出演。

そのほかのキャストについては、まだ発表されていませんでしたが、ビデオガールを演じるのが誰なのか気になりますね〜。

脚本は、声優でもあり俳優・演出家・脚本家でもある喜安浩平さん。

ももいろクローバーZが主演を務めた映画『幕が上がる』、タイトル変更で話題となった『サヨナラ、えなりくん』でも脚本を務めた方です。

なかなか、見どころのあるドラマになりそうですね。

スポンサードリンク

『電影少女』過去には、アニメや実写映画も!

実は、『電影少女』が実写化されるのは、今回が初めてではないようです。

1991年、アニメ『ふしぎの海のナディア』の劇場版の同時上映として公開されたとのこと。

知らなかった…。

映画には、保阪尚輝さん(主人公の友人役)、岸部一徳さん(謎の男という役)、作者の桂さんまで出演していたそう。

ソフト化されていたとしても、今ではもう手に入らないかもしれません。

なかなかレアな作品だと思うので、見たことのある方は、記憶を掘り起こしてみてくださいね。

アニメ版のDVDは、Amazonでも買えますので、ドラマ版を見る前に見ておくのも良いかな?

まとめ

『電影少女』の作者、桂正和さんと言えば、最近では大人気アニメ『TIGER & BUNNY(タイガー&バニー)』のキャラクター原案やヒーローデザインも担当されていましたよね。

桂さんは、特撮ヒーローがお好きなようで、確かに連載デビューとなった作品『ウイングマン』もヒーローもの!

『電影少女』は、リアリティのある心理描写が人気の作品ですが、ドラマ版はどのように登場人物たちの心理が描かれるでしょうか。

深夜の放送ですし、ちょっとセクシーなシーンもあるのかな?

人気の野村周平さんが出演されるので、男子だけでなく女子にも必見のドラマになりそうですね。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-映画・アニメ

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.