雪・グッズ・対策

防災の日はいつ?由来と防災週間について!3月11日にも防災について考えてみませんか?

投稿日:

大雪や大雨、地震など、災害は季節を問わずやってくるものです。それでも、やはり8月から9月にかけては、台風が近づいたり上陸したりして、被害を受けることが増える時期。

ちょうど、その時期に合わせ「防災の日」や「防災週間」が制定されているのはご存じでしたか?今回は、「防災の日」やその日を含む「防災週間」の由来についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

防災の日っていつ?その由来は?

「防災の日」は、毎年9月1日と制定されています。

制定されたのは、1960(昭和35)年ということなので、なかなか歴史のある記念日なんですね。

この日の由来となったのは、1923(大正12)年9月1日に発生した関東大震災。

10万人以上の死者・行方不明者を出し、2011年に発生した東日本大震災以前においては、最大級の被害をもたらした災害でもあります。

また、この日の付近には、台風の上陸や接近が増える時期でもあるので、併せて防災について考えようということのよう。

防災週間って何?

「防災の日」である9月1日を含む、8月30日から9月5日までの1週間は、「防災週間」としても制定されています。

「防災の日」を含む「防災週間」には、各地で防災訓練や意識を高めるためのさまざまな行事がとりおこなわれていますよね。

講演会や避難訓練、地震体験車への乗車や消火器の使用体験など、大人から子どもまで参加できるようなイベントが開催されていると思いますので、ぜひ、お近くのイベントに参加してみてください。

イベントの詳細は、各自治体のHPや広報誌に掲載されるので、要チェックです。

スポンサードリンク

3月11日も防災関連の記念日になる?

未曾有の被害をもたらした2011年3月に発生した東日本大震災の日も、何らかの記念日になる…という話もあったとか。

この話は、数年前から出ているようですが、最近、その話題は聞かなくなりましたね。

これまで発生した災害に関しては、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の日は「防災とボランティアの日」、嘉永7年11月5日(西暦では1854年12月24日)の安政南海地震と”稲村の火”の故事が由来の「津波防災の日」と定められています。

3月11日も記念日とするなら、津波に関することが主になると思うのですが、11月5日の「津波防災の日」と重なってしまうので…というところでしょうか。

でも、たとえ、記念日として制定されなくても、この日には、亡くなった方への慰霊の気持ちを持ち、や防災に対する備えをする日として、個人個人が活動する日になれば良いなぁと思います。

ちょうど、9月1日の「防災の日」から約半年後になるので、この日に、備蓄品の入れ替えや点検などをおこなうにもピッタリです。

我が家でも、年2回、3月と9月に非常持ち出し袋の点検をおこなっていますよ。

まとめ

「防災の日」については、由来となった災害が100年近く前ということで、ご存じない方も多かったかもしれませんね。

首都直下地震の発生する確率は、今後約30年で70%ほどと言われているとか。

その日が来るのは、30年後なのか、それとも明日なのか…誰にもわかりません。

首都直下地震だけでなく、南海トラフでも大地震が起こる可能性があります。

日本に住んでいる以上は、いつどこで災害に遭うかわからないということなんですよね。

「防災の日」は、地震だけでなく、日本を襲う自然災害について、あらためて考える日にしたいものです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-雪・グッズ・対策

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.