イベント

ディズニーのスタージェット終了は事故の噂も?跡地は何かも気になる

更新日:

ディズニーランドの開演当時から多くの人に親しまれてきたアトラクション「スタージェット」が終了することになりました。

利用するための身長制限がなく、一人で座席に座っていられる年齢ならお子さんでも乗れるので重宝していた、というご家庭も多いのではないでしょうか?

34年も愛されてきたのに、なぜ終了してしまうの?と気になったので、いろいろと調べてみることにしました。

スタージェットってどんなアトラクション?

スタージェットは、最新型のジェット機の試験飛行をゲストが体験できるというストーリーが体験できるアトラクション。

宇宙船を模したモニュメントを中心に、ゲストが乗ったジェット機が旋回します。

操縦桿を操作すると高度の調節ができる、まぁ、どこの遊園地にもあると言えばあるタイプのものですが、ディズニーランドならではの楽しみ方も。

スタージェットの側は、パレードのルートにもなっているので、タイミングが良ければ、パレードを上から眺めることもできるのだそう。

空を飛んでいるかのような爽快感を味わうのと一緒に、パーク内の風景、パレードも楽しめるなんて最高ですね!

それなのに、クローズしてしまうのは、残念です…。

スポンサードリンク

過去には事故もあった?

スタージェットがクローズする理由を調べてみると、ファンタジーランドの新しいエリアの拡張工事がおこなわれるためのようですね。

2017年1月には、スタージェットの近くにあった「グランドサーキット・レースウェイ」もクローズしています。

過去に事故があったからクローズするのでは?という噂もあるようですが、事故があったのは、スタージェットではなく、スペース・マウンテンやレイジングスピリッツ(後者は、ディズニーシーのアトラクションです)だった模様。

そこそこの高度まで乗り物が上がっていくアトラクションで、これまで事故がなかったのは、幸いでした。

クローズの日まで、事故なく運行されることを祈ります。

跡地は何になるの?

さて、スタージェットやグランドサーキット・レースウェイが撤去された跡には、何ができるのでしょうか?

オリエンタルランドが発表している計画によると、そこには、 ファンタジーランドの新エリア「美女と野獣」を作るのだとか。

「美女と野獣」と言えば、2017年春に実写版映画が公開され、話題となりましたよね。

新しいエリアの完成は、2020年(東京でオリンピックが開催される年!)を予定しているとのこと。

美女と野獣エリア以外にも、ライブエンターテインメントシアター(正式名称未定)も建設されるそうなので、エリアがどう変わるのか楽しみですね!

スポンサードリンク

まとめ

これまでにも、ディズニーランドでは、アトラクションのクローズ・新設は、何度もおこなわれているんですよね。

こちらも開演当時から人気の「イッツ・ア・スモールワールド」も、リニューアルのため、2018年の春までクローズされているとのこと。

ディズニーランドでは、ゲストを飽きさせないための工夫が、常におこなわれているんですね。

スタージェットのクローズは、2017年10月10日とのこと。

ラストフライトまで、もうしばらく楽しめますが、混雑が予想されますので、乗っておきたい方は、お早めに〜。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-イベント

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.