docomo-mono-smartphone-spec-top

ガジェット

ドコモの格安スマホMONO!スペックや通話料と解約する場合の費用は?

NTTドコモから格安スマホが登場するようです。その名も『MONO』。

iPhoneやギャラクシーなどのスマホは端末代が10万近くと高く、月々負担額もいい金額になりますよね。しかしMONOの場合は、その端末代がかなり安いようです。

今回は、筆者が思う特徴やスペック、通話料や解約する際の手順など、あなたが欲しかった情報をてんこ盛りにして紹介していきます。

スポンサードリンク

格安スマホMONOとは?

格安スマホを購入するときの悩みは、月額使用料は安いけど、スマホ本体代金が高いこと。
それを払拭したのが『MONO』です。

製造メーカーはZTE。最近話題のりんごマークでお馴染みのカメラが2つ付いたスマホ、そうiPhoneを購入しようとすると約10万円ほどかかります。

しかし『MONO』の端末の価格は約3万円で、実購入条件を満たすと質負担額(一括)はなんと!650円程度になる見込みです。

条件は1年縛りなので、1年なら通常に使うぶんには問題無い期間ですね。

主なスペックは

  • 広角で1300万画素のメインカメラ
  • 500万画素のインカメラを搭載
  • LTEやVoLTE
  • 防水・防塵仕様
  • ハイレゾ音源の再生
  • バッテリーの持ち時間は驚愕の約80時間
  • USB端子はキャップレス防水に対応

ガラケーにありがちな特に防水。ハイレゾあたりは日本人が喜びそうな部分かもしれません。最近はiPhone7で防水もやっと搭載されましたけど価格が高いので悩ましいところです。

見た目もオシャレなのです。

  • 外観は背面パネルにもガラスを採用
  • 電源と音量のキーにはアルミ素材で高級感あり
  • シンプルながらも日本人に向けてた使いやすい操作感。

ただ中のスペックがボロボロだったら残念な気持ちになりますよね!

良い機能がたくさんあってもスペックはとても大事なのです。

知りたい!気になるスペックは!?

まずは、基本スペックから、ざっと紹介します。

《サイズ》約136×69×8.8mm
《重量》 約138g
《カラーバリエーション》White、Blackの2色

《ディスプレイ》
約4.7インチ、720×1280ドットのTFT液晶ディスプレイを搭載

《内蔵システム》
・CPUはMSM8952で、1.5GHz×4、1.2GHz×4のオクタコア
・2GBのメモリ(RAM)と16GBのストレージを装備
・最大128GBのmicroSDXCカードを利用可能
・OSはAndroid 6.0

《ネットワーク》
下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
:国内の対応周波数帯:
・『LTE』 2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz
・『3G』 2GHz/800MHz
・VoLTEに対応
・nanoSIMカードを対応
・Bluetooth 4.1を対応
・Wi-FiはIEEE802.11b/g/nを対応

《バッテリー》
・バッテリーは2440mAh。
『連続待受時間』
LTEで約580時間、3Gで約410時間、GSMで約360時間
『連続通話時間』
LTEで約620分、3Gで約710分、GSMで約660分
『ドコモが想定する利用方法による電池持ち時間』
約80時間

《その他》
・メインカメラは1330万画素、インカメラは490万画素
・非常用節電モードをサポート
・IPX7の防水、IP5Xの防塵性能
・外部端子 microUSB

いかがでしょうか。

ザッとまとめましたが、結論を申し上げると申し分のないほどハイスペックでしょう。iPhoneに比べると劣る部分はありますが、値段が全く違う分。許容ないと考えることができれば、十分かもしれません。

iOSとAndroidの違いもあるため、ギャラクシーやエクスペリアあたりと比較すると、操作感はもしかしたらもっさりとする可能性はありますが、値段の割にはスペックは高めで十分。

使用用途によっては、もしくは2台目、子供用などで考える場合はいいですね。

それほど、機能にこだわりもなく、SNSやメール、ネット観覧などができればいいなら、贅沢なスペックだと思います。

スポンサードリンク

ここ大事!通話料は果たして!?

実はMONOの料金形態は未発表なのです。

あなたが今後購入するにあたってのポイントを伝えします。

・通話料
・通信量(パケット代)
・その他(オプション、保険、保証、初回手数料など)

筆者の予想としては

トータル5000円ほどで使えると予想しています。

ただこの値段は

・パケホーダイプラン
・通話し放題プラン

を含めた込みの値段です。

縛りはあるのか!?解約はカンタン!?

通常のスマホは2年縛りが多い中でMONOは1年間の端末使用の縛りとなります。

しかも

割引の適用という条件で一括約650円で購入となるとかなり条件は良いといえますね!

割引がなければ3万円弱なので、

1年間だけと考えると選ぶ価値はあります。

筆者はこう思う!

いかがでしたでしょうか。

ここまで筆者の主観を交えて話しをしていきました。

発売は2016年12月ごろを予定。

格安スマホを検討されている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

あなたのスマホライフが快適になりますように!