その他 食事

飲むシュークリーム缶(永谷園)のカロリーと販売場所は?味の感想や評価も集めた

更新日:

これまでも、カレーや麻婆豆腐など、「飲み物」と称される食べものはたくさんありました。

でも、実際に”ドリンク”として缶やペットボトルに入っているわけではないですよね。「あー、大好きな○○(あなたの好きな食べもの何でも)がドリンクにならないかな〜」と妄想している方に朗報!

みんな大好き!シュークリームがドリンクになりましたよ!

ビアードパパの飲むシュークリーム

”飲むシュークリーム”になったのは、人気シュークリーム専門店「ビアードパパ」のシュークリーム。

商品名は、そのまんま「ビアードパパの飲むシュークリーム」となっています。

もちろん、シュークリームがそのまま中に入っているわけではなく、シュークリームに使われているクリームをイメージした飲み物なのだそう。

サラリとした味わいながら、シュークリームのクリームのようなコクと甘さが楽しめるんだそう。

ミルクセーキみたいな感じなのでしょうかね?

 

スポンサードリンク

 

永谷園の飲むシュークリーム!カロリーと値段

「ビアードパパの飲むシュークリーム」を販売しているのは、永谷園。

永谷園というと、お茶漬けの素やインスタントのみそ汁、ちらし寿司の素など、”和”のイメージが強いですが、最近は、生姜を使ったチャイなど飲料も販売しているようです。

生姜のチャイや缶入りのみそ汁はホット専用とのことで、今回の「ビアードパパの飲むシュークリーム」は、初のコールド飲料となるそう。

気になるカロリーは、100g当たり42kcal。内容量は1本、190gなので、全部飲むと80kcalほどでしょうか。

これくらいのカロリーなら、気にせず飲めますね。

お値段は、希望小売価格130円(税抜)です。

永谷園 公式サイト 商品情報「ビアードパパの飲むシュークリーム」のページ

 

販売場所は?どこで買える?

飲むシュークリームが買えるのは、2017年3月21日(火)から4月23日(日)の間は、JR東日本の駅に設置されている自動販売機acure(アキュア)のみとなります。

それも、一部に限られているそうで、見つけられた方はラッキーかも!?

ちなみに、acureのデザインはこんな感じです↓

acure自動販売機


http://www.acure-fun.net/acure/

自動販売機での販売価格は、1本140円(税込)とのこと。

4月24日(月)からは、全国のコンビニでも買えるようになるそうなので、お楽しみに!

スポンサードリンク

 

飲むシュークリームの感想は?飲み方はある?

Twitterで、「飲むシュークリーム」を飲んでみたという方の感想を探してみると…

甘くて美味しい!という方が多いようでした。

そして、私の予想通り、ミルクセーキっぽい味わいなんですね〜。

売り切れになっている自販機もあったようですよ。人気があるのか、そもそも、売れると思わず、投入している数が少ないのか…。

コールド飲料ということですが、ホットでも行けそうな感じがしますね(実際、ホットのミルクセーキ缶も売られてますし)。

お家でマグカップなどに移し替えて、電子レンジでちょっと温めて飲んでみたい気がします。

まとめ

飲むシュークリームは男性をターゲットにした商品なのだそう。

甘いものというと、女性が好きそうなイメージですが、甘い缶飲料は男性が好んで購入するというデータもあるとか。

確かに、ちょっと甘いものが欲しいな〜というときに、自動販売機で気軽に買える飲み物は嬉しいですものね。でも、女子が飲んでも美味しいこと間違いなし!

ビアードパパのシュークリーム片手に、飲むシュークリームというWシュークリームも素敵かも♪

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-その他, 食事

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.