エンタメ

ドクター中松の自宅はどこ?資産30億の場所がとっても気になる!

投稿日:

日本のエジソン?ことドクター中松。

発明だけでなく選挙に出たり本を出してみたりTVにも出演したりとお忙しいようです。そんな中松氏のご自宅がすごいことになっているのを知ってますか?

「ドクター中松 自宅」と検索するとマップにドクター中松ハウスと表示されるほど超有名な豪邸、10億円の黄金のトイレがあるご自宅は30億はするのではとも言われています。

実はフロッピーディスクの発明で有名というのは若い世代の方の記憶にはあまりないかもしれませんね。

その後も数々の発明品を世に生み出してきた中松氏、特許の契約金やマンション経営などで現在もご活躍 されているそうです。

そこで今回はドクター中松の家はどこにあるのか調査してみました!

スポンサードリンク

ドクター中松ハウスどこにある?

実際に中松氏の自宅を調べてみると驚くほど簡単に分かりました。住所も好評してるようですね!びっくりです。

住所:東京都世田谷区下馬6−31−10
最寄駅 学芸大学駅(東急東横線) 徒歩10分

外観も独特で発明家らしいこだわりっぷりの豪邸で、家の門はフロッピーディスクを形どった扉にしてあり、Dr.Nakamats Houseと大きく書いてあります。

もはや個性が溢れすぎていて隠す気ゼロといった感じで、自宅周辺道路にはそれぞれ、ドクター中松通り、ドクター中松街、ドクター中松スクエアと名前が付けられているほどです。

30億豪邸の中身は!?

自宅のトイレが24金の黄金トイレというのはご存知の方も多いかもしれません。その工費がなんと10億円というのがまた驚きです。トイレに10億かけるって・・・常人では考えられませんね。

さらに驚いたのが、ドクター中松ハウスは実は「東電」とは契約してないらしく、中松氏の主張によると宇宙エネルギーを受信して熱に変換し電力化する「ドクター中松エンジン」を設置し使用しているそうです。

太陽光発電じゃないか?とも言われていますが、中松氏の主張いわく豪邸を覆っている黒壁一面が宇宙エネルギーを受信するアンテナなんだそうです。

スポンサードリンク

ゲストハウスもあるって本当?

中松氏の自宅は居住区への出入り方法は公開されてなく、ゲストハウス専用の玄関があり、中には「頭のよくなるカフェ」「ドクター中松ライブラリー」があるそうです。

ライブラリーでは歴代の発明品の展示がされており、見ることができるようになっています。

さらに中松氏が新たに始めたのが「ドローン練習場」で、屋内でドローンを飛ばし練習できる施設を作ってしまいました。こちらは予約をすれば利用できるようですよ。

ドクター中松ハウス、ドローン練習場

  • 利用料一人一時間1500円要予約
  • 予約、問い合わせ shop@dr.nakamats.com

まとめ

ドクター中松は変わった人というイメージが強いですが、やはり個性に関してはその通りかな〜という印象でした。

ただ、閉鎖的な感じではなく誰でもウェルカムな場所を作り自分の発明や知識などを広めている活動的な部分には意外さを感じました。ぜひ一度「頭のよくなるカフェ」でお茶してみたいですね。

高須克弥の自宅が豪華!年収や資産はどのくらい?年齢も気になる?

「YES!高須クリニック」のキャッチコピーでおなじみの高須クリニック。 その院長である高須克弥氏は、強烈なキャラクターで、常に、私たちにいろいろな話題を提供してくれています。リオオリンピックの開催期間 ...

続きを見る

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-エンタメ

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.