ファミマ 食事

ファミマのチョコプリン!カロリーと値段は?カカオの違いで比較!

更新日:

ほぼ毎週のように新しいスイーツが発売しているコンビニ各社。

この冬、注目はファミリーマートかもしれません。というのも、チョコ好きにはたまらないチョコプリンが新発売されたから。

2017年1月4日から発売された「チョコプリン」は、3つの種類で展開されています。それぞれどんなものなのか調べてみましたよ。

ファミマのチョコプリンってどんなの?カカオの違いは?

famima-chocolatepudding-calorie-price-01

 

ファミリーマートで好評発売中のチョコプリンは、「カカオ36%」「カカオ55%」「カカオ80%」の3種類。

それぞれ、価格は190円(税込)です。

カロリーは

  • 「36%」204kcal
  • 「55%」200kcal
  • 「80%」185kcal

となっています。

ちなみにご飯(白米)1膳分を140gとした場合のカロリーは230kcalほど。

小さめの容器(一般的なココット皿くらい?)に入っているようなので、その量でこのカロリーはちょっと高めかもしれませんね。

でも、カロリーを気にしていたら、スイーツは楽しめません!

 

残念ながら、北海道、宮崎県、鹿児島県、沖縄県では取扱いがないようです。近くに作れる工場がないのでしょうか?

北海道や沖縄にお住まいの方は、本土に来られた際にはぜひ食べてみてくださいね。

それぞれの特徴は?

ファミマのチョコプリンの特徴は、厳選したカカオ豆を使用しているところ。

それらを高度な技術で「クーベルチュールチョコレート」に加工しているので、なめらかな食感が楽しめるのだそうです。

それぞれ、カカオの含まれる量が違っているので、ビターなものがお好きな方は「80%」を、軽めのものがお好きな方には「36%」がオススメ。カカオの含まれる量の多さに比例して、プリンの色も濃くなっているようですよ。

カカオが濃いからと言って、苦くて食べられないほどではない様子なので、安心してお召し上がりくださいね。

スポンサードリンク

食べ比べた方の感想など

私はまだ、これらのプリンを食べたことがないのですが、Twitterでは食べ比べた方の感想がちらほら…。

お店によっては、売り切れになっているものもあるようです。

プリンというより、生チョコ!という感想もありました。

Twitterを見ていて気づいたのは、思ったより「食べ比べ」として複数購入されている方が多いこと。

こんなラインナップで出されたら、食べ比べずにはいられないですものね。

今回発売されたチョコプリンは、味の異なる2層のプリンで構成されているので、別々に食べたり、一緒に食べたり…いろいろな楽しみ方ができそう!

スポンサードリンク

まとめ

寒くなってくると、何故か、濃厚なチョコスイーツが食べたくなりますよね。ファミマさんは、そういったスイーツ好きの気持ちがよくわかってらっしゃる!

バレンタインの時期にも、まだ販売されているようだったら、自分へのご褒美に全種類コンプリートしても良いかな〜と思いつつ…。全部食べたら、ほぼ600kcalかぁ…。そこにコーヒーや紅茶も付けたら、合計カロリーは、どれくらいになるやら。

これは、昼ご飯抜きで万全の体制で臨まないといけませんね。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-ファミマ, 食事

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.