イベント

【ふるさと祭り東京ドーム2017】料金と期間は?当日券やイブニング券と平日限定の違いを比較!

2017/01/05

すっかり毎年恒例のイベントとなってきた「ふるさと祭り東京」。

もちろん、2017年の新春にも開催が決定。日本各地から、美味しいもの、楽しいお祭りが大集合し、連日大勢のお客さんで賑わいます。

今回は、初めて参加される方でもスムーズに行けるようイベントについて、いろいろご紹介したいと思います。

「ふるさと祭り東京2017」期間はいつまで?

期間

「ふるさと祭り東京2017〜日本のまつり・故郷の味〜」は、

2017年1月7日(土)から1月15日(日)まで、東京ドームにて開催されます。

時間

開催時間は

  • 1月7日(土)〜9日(月・祝)/ 10:00〜21:00
  • 1月10日(火)/ 10:00〜19:00
  • 1月11日(水)〜14日(土)/ 10:00〜21:00
  • 1月15日(日)/ 10:00〜18:00

上記のように、日によって違いますので、ご注意くださいね。

アクセス

会場の東京ドームへは、公共交通機関を利用して向かわれる方が便利です。

最寄り駅は、JR中央線・総武線の水道橋駅、都営地下鉄三田線の水道橋駅。

スポンサードリンク

ふるさと祭り入場料金は?

入場券ですが、いろいろなタイプが販売されています。

会期中、すべての日にちに使える通常の入場券は、当日券で1600円(税込)

平日(1月10日(火)〜13日(金))のみ有効の平日限定入場券だと当日券は1300円(税込)になります。

また、会期中16時以降に入場される方には、イブニング券がお得です。このチケットですと、1100円(税込)で入場できます。500円もお得!小学生以下のお子さんは、大人1名の付き添いにつき4名まで無料となっているのも嬉しいですね。

パパさん一人に付き添いをお願いして、ママさんは、東京ドームシティでお買い物♪というのも良いかも!?1月6日までは、前売り券の販売もおこなわれていまして、入場券・平日限定入場券、それぞれ200円引きで購入できます。

絶対行くぞ!という方は、前売り券の購入はお早めに〜!

オススメはコレ!

なんと言ってもオススメは、全国各地のお祭りがご当地に行かなくても堪能できる「お祭りひろば」。

青森のねぶた祭りや、高知のよさこい、沖縄のエイサーなどなど、各地のお祭りが大集結します。

ふるさと祭り東京公式サイトステージプログラムのページ

もう一つ、こっそりとお知らせしたいのは、1月11日(水)限定のイベント。

この日は、レディースデーということで、女性限定ではありますが、イブニングチケットが、さらにお安く、なんと1000円(税込)で購入できます。

ゆるキャラのステージや、男性アイドルグループのライブなど、女性に嬉しいイベントが目白押し。

女子会も兼ねて、ぜひ、ご参加くださいね!

スポンサードリンク

まとめ

ふるさと祭り東京は、2009年から開催されている人気のイベントです。

故郷になかなか帰れない方だけでなく、各地に縁のない方でも、今まで食べられなかった美味しい食べものを知ったり、お祭りを知ったりすることのできる、楽しい催しだと思います。

全国ご当地どんぶり選手権やご当地激カラコロシアム、全国ご当地マラソン2017など、ユニークなコーナーがいっぱい!朝から夜まで楽しめるイベントです。

ぜひ、ご家族で足を運んでみてくださいね!

関連コンテンツ

関連コンテンツ