イベント

金魚アート展2017アートアクアリウムの期間と場所は?最新情報をお届け!

更新日:

いろいろな形の水槽の中で泳ぐ金魚たちの姿が楽しめるイベント「アートアクアリウム」。

2007年から、全国各地で開催され、のべ600万人以上の人が足を運んだ人気のイベントです。

幻想的な照明が、金魚の持つ妖艶さをさらに際立たせていて、何とも言えないほど美しく、まさに”アート”。

さて、2017年もアートアクアリウムの開催が決定しています。

今回は、東京で開催されるアートアクアリウムについてご紹介しますね。

金魚アート展2017の期間はいつからいつまで?

「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2017 〜江戸・金魚の涼〜 &ナイトアクアリウム」が開催されるのは、2017年7月7日(金)から9月24日(日)。

七夕の日からの開催なんて、ちょっとロマンティックですね。

幻想的な雰囲気を楽しめるアートアクアリウムは、デートスポットとしても人気のようですよ。

確かに、こういったイベントは、カップルで行きたいかも!(もちろん、男同士、女同士、ファミリーにもオススメです)

ちょうど、暑い盛りでの開催なので、水槽の中を優雅に泳ぐ金魚を見て涼を感じるのも良いですね〜。

公式 : アートアクアリウム

スポンサードリンク

金魚アート展2017の会場はどこ?

アートアクアリウム2017の東京会場となるのは、東京・日本橋にある「日本橋三井ホール」。

最寄り駅は、東京メトロ銀座線・半蔵門線の「三越前」駅。

A6出口から出るとすぐのところにあります。

JRをご利用の場合は、総武線快速・横須賀線「新日本橋」からだと、地下道を通り、上と同じ、A6出口から出てください。

山手線・中央線・京浜東北線「神田」駅で降りるときは、東口から日本橋方面に徒歩8分
ほどとのこと。

「東京」駅からも、日本橋口から徒歩8分ほどなので、会場はどこからでもアクセスしやすいですね。

チケット情報

入場料は、当日で

  • 一般(中学生以上) 1000円
  • 子ども(4歳以上 小学生以下) 600円
  • 3歳以下 無料

とのことですが、三井記念美術館での特別展の入場券付きのものや、東京湾クルーズ付きのチケットなども販売されているそう!

各種チケットは、セブンチケットで好評発売中。

セブンチケット アートアクアリウム2017

見どころや特別なイベントなども!

東京会場のテーマは、「江戸・金魚の涼」。

コンセプトは“龍宮城”とのことで、玉手箱をモチーフにした新作〈タマテリウム〉が登場するのが見どころのようです。

19時からは、ナイトアクアリウムと題し、ドリンクを飲みながら展示を楽しめるという趣向になっているとのこと。

DJプレイや芸妓・舞妓さんの踊りなど、さまざまなイベントが用意されているようですよ。

非日常的な空間がさらに楽しめそうですね!

スポンサードリンク

まとめ

夏祭りの思い出と言えば、金魚すくい。

普段、俊敏に動けない私でも、なぜか、こういうときは、何匹もすくってしまうのですが、お家に連れて帰っても、なかなか上手に育てることができません…。

そんな私のような人は、アートアクアリウムで、優雅に泳ぐ金魚の姿を見て楽しむのが一番かもしれませんね。

秋には、京都でも開催されるそうなので、関西方面の方は、そちらをお楽しみに!

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-イベント

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.