イベント

餃子フェス2017の日程は?会場の場所から入場料まとめ

ラーメン屋さんに行くと、つい追加注文してしまう餃子。

今は、いろいろと趣向を凝らした変わり種餃子や、各地のご当地餃子にも注目が集まっているようですね。お家でも簡単に作れますし、皮から手作り!というこだわりのある方もいらっしゃると思います。

一口で食べられて、みんなで分け合える餃子は「シェア飯」としても楽しまれていますよね。そんな餃子の魅力を発信するイベントがこの春開催されますよ!

餃子フェスっていつ開催されるの?

今回の「餃子フェス」は、2017年3月17日から20日までの4日間、開催されます。

それぞれの開催時間は、以下の通り。

  • 3月17日(金) 12:00〜21:00
  • 3月18日(土) 11:00〜21:00
  • 3月19日(日) 11:00〜21:00
  • 3月20日(月・祝) 11:00〜20:00

最終日のみ、終了が20:00となっていますので、ご注意ください。

2016年10月に、東京・中野で開催され好評だったイベントが、早くも再開催されるということで、餃子好きの方の間では話題になっているのでは!?

前回も行った方も、今回、初参加の方も楽しめるイベントだと思います!

餃子フェス公式サイト

スポンサードリンク

会場の場所は?

今回の餃子フェスの会場は、東京・駒沢オリンピック公園。

2ha(2万平方メートル!)の広さがある中央広場での開催となります。

最寄り駅は、東急田園都市線の「駒沢大学駅」。そこから、徒歩でも15分ほどですし、駅からは東急バスも出ています。公園には、駐車場もありますが、混雑が予想されますので、できるだけ公共交通機関を利用した方が良さそうですね。

駒沢オリンピック公園 中央広場

会場でも、椅子やテーブルは用意されていると思いますが、お天気が良ければ、片隅でレジャーシートを広げて、というのも楽しそう!

にんにくや香辛料のキツくない餃子であれば、お子さんでも食べられますし、ご家族でお出かけしてみるのも良いですね。

入場料は?

餃子フェスは、嬉しいことに入場は無料です。

餃子やドリンクを購入するための食券は、1枚600円(税込)となっています。

基本的に1皿(何個入りかは各店で異なると思いますが)600円ということなのかな?

支払いには、電子マネーも使用できるそうですが、チャージをするための機械は用意されていないそうなので、事前にチャージしておいてくださいね。(どの電子マネーでも使えるのかは、現時点では不明です)

出店するお店についても、まだ発表はありませんが、最新情報は公式Twitterなどでも発信されると思いますので、こまめにチェックしてみては?

まとめ

昨年は、揚げ餃子や水餃子、手羽先餃子などなど、いろいろな餃子のお店が出ていたようですよ。

そのときは、5日間で8万人の来場者を記録したとのことですから、今回もきっと大勢の人で賑わうことでしょう。餃子に合うビールなどのアルコールメニューも販売されるそうですし、これまた楽しみです。

開催される頃は、春先でまだ肌寒いと思いますが、熱々の餃子とビールで温まりましょう!

関連コンテンツ

関連コンテンツ