記念日

俳句の日が8月19日の理由や由来は?この日を記念日とした団体がいっぱい?

投稿日:

人気バラエティー番組『プレバト!!』は、さまざまな分野について、芸能人がどれだけのことができるのかを査定する番組です。

査定される項目には、生け花や水彩画、書道や料理の盛りつけなど、さまざまなジャンルが用意されています。中でも、俳人の夏井いつきさんが、辛口の寸評をする俳句コーナーは大人気!

この番組を見て、俳句を始めてみようかと思う方も多いようです。さて、今回は、そんな俳句の記念日についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

8月19日は「俳句の日」!由来は何?

「俳句の日」とされているのは、毎年8月19日。

8(ハ)1(イ)9(ク)という語呂合わせが由来となっているそう。

まぁ、わかりやすいと言えば、わかりやすいですね。

8月19日には、ほかにも「ハイキュー!!の日」や「バイクの日」など、語呂合わせが由来となっている記念日がありますよ。

自然の風景などを楽しみながら歩く「ハイク(ハイキング)の日」もあるのかな?と思ったのですが、それは日本記念日協会には登録されていないようです。

「俳句の日」を記念日にしている個人、団体いろいろ。

「俳句の日」を最初に提唱したのは、明治の俳人・歌人”正岡子規”を研究している坪内稔典さん。

それは、1992年のことだそう。もっと以前から存在している記念日のように思っていました。

その後、1994年に松尾芭蕉の生まれ故郷である三重県上野市(現在の伊賀市)が、彼の生誕350周年を記念して8月19日を「俳句の日」と決め、さまざまな関連事業をおこなったそう。

また、1998年には、愛媛県の松山青年会議所が8月19日を「ハイクの日」とし、高校生を対象とした「俳句甲子園」を開催。

「俳句甲子園」は、いまや全国各地から高校生俳人たちが集合する大きなイベントになっていますよね。

最初にご紹介した、夏井いつきさんもここ数年、審査員を担当されています。

日本記念日協会で認定されているのは、2014年に「おしゃべりHAIKUの会」によって制定された「俳句記念日」。

どの個人や団体でも、俳句の楽しさや奥深さを知ってもらおうという思いから、「俳句の日」「俳句記念日」を定めたそうですよ。

スポンサードリンク

もっと自由に俳句を楽しもう!「自由律俳句」ってなんだ?

いざ、俳句を始めてみようと思っても、「俳句って、難しいんでしょ…?」と思う方も多いのではないでしょうか。

せっかく作っても、夏井さんのように厳しい先生から「ココがダメ!ココもダメ!!」と叱られるのでは…と不安になりますよね。

でも、あれくらい丁寧に批評してくれるほうが、上手になるのも早いかもしれませんね。

俳句というと、季語を入れなくちゃいけない…という問題もあります。

そんな方にオススメなのが「自由律俳句」。

「自由律俳句」とは、季語や定型にしばられず、自由に思うがままを表現する俳句のことです。

芥川賞を獲った又吉直樹さんも自由律俳句の本を出版されていますよ(せきしろさんと共著)。

有名なところでは、種田山頭火の「分け入つても分け入つても青い山」、尾崎放哉の「咳をしても一人」などでしょうか。

まずは、あるがまま、思うがままを言葉にしてみませんか?

まとめ

「俳句の日」について調べてみると、この日には、いろいろな個人や団体が、それぞれの思いをこめて活動していることがわかりました。

俳句は、紙とペンがあれば、誰でもすぐ始めることができます。

季語や文字数(五七五)を大切にしつつ、自由律俳句のように自由に思いを表現してみるのも楽しいもの。

「俳句の日」「俳句記念日」に合わせて、皆さんも俳句を始めてみませんか?

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.