記念日

ハムの日(8月6日)が記念日の理由は?広島原爆が関係してイベントは開催がない?

投稿日:

朝ご飯に目玉焼きと焼いても良し、お弁当の彩りに入れても良し、夜はおつまみにしても良し…と私たちの生活に欠かすことのできないハム。

英語で言うところの「ham(ハム)」とは、元々は豚のもも肉のことなので、豚肉を使ったものをハムと呼ぶべきなのですが、日本では豚肉以外を加工したものもハムと呼ぶことが多いです(最近流行の鶏ハムなど)。

さて、そんなハムに記念日があるのはご存じでしたか?

今回は、「ハムの日」の由来やキャンペーン、お弁当作りに役立てたい飾り切りの方法など、ハムについてのあれこれをまとめてみましたよ。

スポンサードリンク

ハムの日の理由や由来は?制定はハム・ソーセージの組合?

「ハムの日」は、「8(ハ)6(ム)」の語呂合わせから、8月6日。

日本ハム・ソーセージ工業協同組合が定めたものです。

組合のHPを見てみても、「ハムの日」について特集したページは見つかりませんでしたが、この日には、いつもよりハムを食べて欲しいという意味合いが込められているのかなぁ?と思います。

「ハムの日」は、ちょうど真夏の暑い時期なので、できるだけキッチンに立つ時間を短くしたいもの。

切ったり軽く焼いたりするだけで食べられるハムを活用して、時短に役立ててくださいね。

ハムの日にイベントが見当たらない理由は?

「ハムの日」になっている8月6日は、日本人にとって忘れてはいけない日の一つ。

1945年(昭和20年)に、広島に原子爆弾が投下された日です。

その日には、広島にある平和公園で平和記念式典が開催され、多くの人たちが朝から祈りを捧げに訪れているのは、皆さんご存じの通り。

そんな日に、大々的に「ハムの日」のキャンペーンをおこなうのは気が引ける…ということなのでしょうか。

特に、日本ハム・ソーセージ工業協同組合が主催するイベントは開催されていないようです。

ただ、日本ハムでは、親子を対象とした飾り切り教室を開催したり、キユーピーでは、夏向きのレシピを公開したりしています。

ローソンでも、Twitterでひっそりとハムの日をアピールしてましたよ。

お近くのお店でも、試食キャンペーンなどを静かにおこなっているかもしれませんね。

スポンサードリンク

いつものハムがこんなに変わる!飾り切りいろいろ♪お弁当にも入れてみて!

我が家の長男も高校生になり、毎日、お弁当を持っていく生活が始まりました。

おかずとして、たまにスライスハムを入れるのですが、いつも軽く焼いて、4つ折りにするだけ…。

もうちょっと見栄え良くできないかな〜と思っていたところ、100均に良いグッズが売ってるのを知りました。

写真を見ただけでは、格子状に切れ目が入るように見えますが、このカッターをハムに押しつけると横(タテ?)に切れ目が何本か入るそう。

切れ目の入ったハムを半分に折って、くるくる丸めたらお花のようになるという便利グッズ!

こちらのように、リボン型が作れるものもあるとか!

今は、100均にもいろいろ売ってるんですね〜。

まとめ

我が家で普段食べているのは、スライスされたロースハムがパック(3つか4つ)になったお買い得品。

たまに、いただきもので、分厚く切って焼いたら美味しいボンレスハムや生ハムを食べたら、普通のハムに戻りたくなくなります(でも、また普通のハムに戻るんですが)。

でも、スライスされたロースハムは、加工もしやすいのでお弁当のおかずにピッタリ♪

先ほどご紹介したハムカッターを活用するのも便利ですし、お家に型抜きがあればそれで好きな形にくり抜くだけでも彩りとして活用できます。

今回、「ハムの日」について調べてみて、この日だけでなく、ほかの日にもハムをじっくり味わいたくなりました。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.