食事

羽田空港でベイカーズカスタード!期間はいつまで?場所も確認!

投稿日:

東京に旅行や出張で出かけた(人がいる)ときのお楽しみと言えば、お土産!!

昔は雷おこしに人形焼き、ここ何年かは「東京ばな奈」に「東京たまご」、つい先日生まれたばかりのパンダの赤ちゃんをモチーフにしたものもこれから人気が出そうですね。

そこ新たに名乗りを上げたのが「BAKER'S CUSTARD(ベイカーズカスタード)」。「BAKER'S CUSTARD」は、お菓子の名前でもあり、お店(ブランド)の名前でもあります。

写真で見てみると、ころんとしたキューブ型のお菓子のよう。どんなお菓子なのか?どこで買えるのか?気になったので調べてみましたよ。

スポンサードリンク

BAKER'S CUSTARDってどんなお菓子?

「BAKER'S CUSTARD」は、その名前の通り、カスタードを焼き菓子にしたもの。

カスタード(クリーム)を焼いたものというと、エッグタルトを思い浮かべてしまった私なのですが、「BAKER'S CUSTARD」は、そんなにやわらかそうな感じではないですね。

公式サイトなどで写真を見てみると、「BAKER'S CUSTARD」は、クッキー生地とカスタードの2層になっている様子。

ほろほろのクッキーと、しっとりしたカスタード、2つの食感が楽しめる新感覚のスイーツになっているんですね。

クッキー生地には、プレーンとショコラの2種類があり、

  • 4個(各2個ずつ)入り:648円
  • 8個(各4個ずつ)入り:1296円
  • 12個(各6個ずつ)入り:1944円

の3つのパターンで販売されています。

※価格はすべて税込。

羽田空港で、いつまで買えるの?

現在(2017年12月初旬)、「BAKER'S CUSTARD」が買えるのは、羽田空港第2旅客ターミナル内の「マーケットプレイス」3階にあるフードプラザ。

2018年1月9日(火)までの限定オープンとのことなので、ちょうど、年末年始の帰省や旅行のときに買えそうですね。

羽田空港の前は、大丸東京店(東京駅直結のお店です)で1週間ほど限定オープンしていたそう。

そこでもかなりの売り上げがあったようですが、羽田空港ならさらにたくさんの売り上げがありそうですね。

このあとも、また、どこかほかの場所に出店するのかなぁ?

スポンサードリンク

羽田空港内のどこで買えるの?

ところで、羽田空港の第2旅客ターミナルって、どこにあるの?というお話なのですが…。

地図で見てみると第2ターミナルは、海に近いほうの建物のようです。

東京モノレールの「羽田空港第2ビル」駅、京急線の「羽田空港国内線ターミナル」駅で降りるとすぐ。

3階の「フードプラザ」は、空(そら)スイーツや作りたてのデリの販売をおこなっているお店のようです。

この中の一角に、「BAKER'S CUSTARD」のお菓子が販売されているんですね。

「フードプラザ」は、外国のお菓子や雑貨、お手頃価格のコスメなどを売っているお店「PLAZA」の向かい側にあるので、わかりやすいと思いますよ。

まとめ

我が家の周辺からだと、飛行機で東京に向かうことが少ないのですが、こんな美味しそうなお菓子が買えるなら、飛行機を利用するのも良いですね。

今は、羽田空港内だけでしか買えないるお菓子のようですが、そのうち、都内各地で買えるようになれば良いのに…と思います。

そうしたら、お土産として買うのではなく、自分のおやつ用にも買えますしね!

クッキーとカスタード部分の食感の違いも気になりますし、誰か東京のお土産に買ってきてくれないかなぁ〜(自分は、しばらく東京に行く予定がないので…)。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-食事

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.