イベント ゲーム

一番くじの仕組み!やり方や値段はいくら?回数制限が?みんなの平均回数ってどれくらい?

コンビニやホビーショップ・ゲームセンターでよく見かける「一番くじ」。

一度は、チャレンジしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。なかなか希望通りの商品が当たらず…ということもありますが、好きな作品のものだと、ついチャレンジしてしまいたくなるもの。

私も、今まで、いろいろなくじに挑戦してきました。

でも、「どうせ当たらないから」と今まで挑戦したことのない方もいらっしゃるかと思いますので、簡単にどんなものなのかまとめてみましたよ。

スポンサードリンク

一番くじの値段やできる場所とやり方

一番くじの買い方は、とっても簡単。

コンビニの場合だと、レジ前の棚に商品が展示されていると思います。その近くに、一番くじへの引換券が置いている場合は、それを持ってレジに向かいましょう。

もし、引換券が置いていない場合は、店員さんに声をかけます。

レジで、「一番くじ○回分」と言って、お金(今は、大体、1回620円かな?もっと高いときもあります)を支払いましょう。

くじは、専用のボックスの中に入っているので、その中に手を入れて、回数分引きます。

引いたくじは、店員さんに開封してもらっても良いですし、ご自分で開封するも良し。

「○賞」と書かれたほうを店員さんに渡すと、賞品と交換してもらえます。

残った半分は、Wチャンス賞の応募券になりますので、捨てずに持って帰ってくださいね。

コンビニ以外でも、アニメイトやゲームセンターでも実施しているところもあるようです。

お目当ての一番くじの実施店は、公式サイトから検索できますよ。

一番くじ倶楽部

 

一番くじには回数制限があるの?平均回数はどれくらい?

基本的に、一番くじには回数制限はないようです。私も、時々、複数枚(と言っても2〜3枚)買いますが、断られたことはないです。

ただ、アニメイトでは、回数制限を設けているときもあるようですので、事前にチェックしておいてくださいね。

人気のある作品の「一番くじ」発売日だと、行列ができるようです。

そんなとき、一番乗りしているからと言って、大人買いされてしまうと、後ろに並んだ方から非難囂々ですよね…。

コンビニでも、一番くじを目当てにお客さんが殺到しているようでしたら、店員さんの判断で回数制限有りになってしまうかもしれません。

で、皆さん、どれくらいの回数、一番くじを引いているのかな?と調べてみたら、思ったより「箱(ロット)買い」した方が多いことにビックリ!

まぁ、1回620円(税込)として、1ロットに60枚入っていたとしても、4万円もかからないですもんね。

大人なら、買えない金額ではない…かな?

というわけで、1人当たりの購入回数の平均となると、ロット買いする方のおかげで、”10数回”となるのでしょうか。

あまり参考にならないかもしれませんが、私は、多くても5回まで、と決めています。

スポンサードリンク

 

どうしても欲しい場合はヤフオクやアマゾン、フリマアプリで?

お目当ての一番くじで、どうしても欲しい賞品があった場合。

店頭に、まだその賞品が残っていたら、当たるまで引いちゃいますよね。

それなら、まだ良い方だと思うんですが、もう”自分的当たり”の賞品が店頭から消えてしまっている場合。

「ぐぬぬ…」と思いながらも、ヤフオクなどのオークションサイトかAmazonでプレミア価格で買うことになるのかなぁ…。

最近は、フリマアプリもいろいろありますし、そちらで、思いがけずお得なお値段で買えることもあるかも!?

一番くじでは、上位の賞品が当たる確率は、高くても20分の1くらいでしょうか(低ければ、100分の1くらい)。

20回引いて、お目当ての賞品が当たれば安いものですが、トータルで考えると、ヤフオクで買う方が安いこともあるかもしれませんね。

その辺は、ご自分のお財布と相談しながら、探してみてください。

 

まとめ

たま〜に、売れ残った一番くじを安価(半額くらい?)で販売しているお店もあります。

特に、郊外のお店だとそんなお店(ちょっと大きめの本屋さんなど)が多いようなので、思いがけずふらっと入ったお店で掘り出し物に出会えることもあるかもしれませんよ!

私も、先日、久しぶりに行った本屋さんで、いつ発売されたのかもわからないような一番くじの残りものを見つけて、喜んで買ってきました。

私のようにゆる〜く楽しむのも良いですが、どうしても欲しい賞品があるときには、めいっぱいリサーチ(販売店や予約の可否など)して、頑張ってゲットしてくださいね。

 

関連コンテンツ

関連コンテンツ