influenza-_top

病気

インフルエンザ解熱後の症状!咳や頭痛があるけど大丈夫?

2016/10/18

インフルエンザの症状が治まってくると、そろそろ普段の生活に戻れるかな?と思いがちですが油断大敵です。

辛かったインフルエンザウイルスによる高熱も下がり、治ったと勘違いしてしまいますがインフルエンザは、熱が下がったとしても、安心できない病気なのです。

それでは、どんなところが安心できないか?解熱後の症状や熱が下がったのに頭痛や咳が続く場合など見ていきましょう。

スポンサードリンク

解熱後もウイルスの排出は続いています

influenza-antipyretic-symptom-01

近年、「抗インフルエンザウイルス薬」のおかげで、高熱はすぐに下がるようになりました。しかし、それらの薬は、ウイルスの活動を抑えているに過ぎません。

インフルエンザウイルスの感染力が弱まるのは発症後5日を過ぎてからと言われていますので、それまでは注意が必要です。

熱が下がると、安心して、普段通りの活動をしてしまいがちですが、それが、感染を広げてしまう原因となってしまうこともあります。

咳など呼吸器に症状が出たときには、必ずマスクを!

influenza-antipyretic-symptom-02

インフルエンザにかかると高熱が出た後、咳や鼻水、くしゃみなど、呼吸器に症状が出ることがあります。

感染者が、くしゃみや咳を手で押さえた後、その手で、あちこちに触れたとします。その場所をさらに他の人が触れることで、感染が広がることを「接触感染」と言います。

家庭内で感染が広がってしまうのは、こういったことが原因となりますので、家族に感染者が出た場合には、家の中でもお互いにマスクを着用したり、こまめに手洗いをするなどの対策をとりましょう。

通院などで、やむを得ず、外出する際にも、感染を広げないために、マスクを着用してください。

スポンサードリンク

解熱後も頭痛が続く場合は要注意!

influenza-antipyretic-symptom-03

インフルエンザウイルスのせいで、解熱後も頭痛が続く場合があります。これは体が、まだウイルスと戦っているという証明でもあるのですが、頭痛が長引くときには注意が必要です。

インフルエンザにかかることで、免疫力が低くなり、普段の状態なら感染することのないような病気にもかかることがあります。

その一つが、髄膜炎です。「髄膜」とは、脳と脊髄を覆う膜のことです。何らかのウイルスの影響で、そこに炎症が起こることを「髄膜炎」と言います。

生命に影響を及ぼすことのあるような病気ですので、インフルエンザにかかった後、激しい頭痛が続くことがあれば、すぐに病院を受診してください。

解熱後の頭痛は、怖いというイメージを持たれたかもしれませんが、そのほとんどは、インフルエンザウイルスによるものです。

でも、少しでも体調がおかしいな、と思うことがあれば、病院に行くようにしてくださいね。

まとめ

インフルエンザにかかり、しばらくしてから熱も下がると安心すると思いますが、体力面からも安静に休むべきですね。

そして解熱後に頭痛や熱が続くと心配になり体も辛いですが、ウイルスと戦ってることで長引いてる事もあります。覚えておきたい注意点をまとめると

  • 感染力が弱まるのは発症後5日過ぎてから
  • 周りへ移してしまわないようマスクなどで予防
  • インフルエンザにかかってる時は免疫力も弱いので髄膜炎にも注意

しばらく様子見たのち、あまりにも頭痛が咳が続くようなら病院に行くことをお勧めします