influenza-_top

病気

インフルエンザになった!会社に診断書は?必要な場合の提出一式

2016/10/18

会社にお勤めの方が、インフルエンザにかかってしまったときは、どのようにすれば良いのでしょうか?

会社の誰に連絡すれば良いのか?何か提出しなければいけない書類があるのか?

お勤めの会社の就業規則などにより、変わってくると思いますが、一般的にはどのような流れになるのか調べてみましょう。

スポンサードリンク

まず、お休みの連絡をしましょう

influenza-medical-certificate-01

インフルエンザと診断された場合、まず、会社に連絡しましょう。直属の上司に連絡、ということが常識的かと思います。同僚に「伝えといてね」というメールを入れるだけ、というのは、社会人としてはおすすめできません。

いつから症状が出たのか、病院でどのような診断結果が出たのかを伝え、何日間休むことになるのかを伝えましょう。

その際、上司から診断書や完治した際の治癒証明書などの提出を求められることがありますので、出社を再開するときには忘れずに用意しておきましょう。

診断書の提出は必要?

Print

これも、会社の就業規則により異なりますが、診断書の提出を義務づけているところもあります。

診断書は、受診した病院で発行してもらえますが、その際にはいくらかの金額がかかります。金額も、1000〜5000円と病院により、差がありますが、会社で費用を負担してくれるところもありますので、確認しておきましょう。

また、書式も会社指定のものがある場合もありますので、そちらも忘れずに確認しておく必要があります。

スポンサードリンク

有給扱い?欠勤扱い?

influenza-medical-certificate-03

児童や学生の場合は、インフルエンザのような感染症にかかった場合は、出席停止が法律で定められていますが、社会人の場合には、出社停止は法律で定められていません。

そのため、インフルエンザにかかって仕事を休む場合には、基本的に給与の補償はありません。

それならば有給を使って休もうと考える方もいるかもしれませんが、前もって申請しておかないと有給が取れない会社もあるようですので、お勤めの会社の就業規則がどうなっているか確認してみましょう。

社会人の方がインフルエンザに感染すると、多くの人に迷惑をかけることになります。

そうならないためにも、インフルエンザの流行が始まる前に予防接種を受けたり、うがいや手洗いをきちんとおこないましょう。

感染してしまった場合でも、治りきっていないのに出社して、感染を広げることがないよう注意が必要です。

まとめ

会社に診断書が必要な場合もありますが、会社によってまちまちです。

必要な場合の提出物も、会社独自のフォーマットがある会社から、提出の必要にない会社まで様々なので、世の中の常識として決まった書式が存在するわけではないですね。

会社や同僚、家族に移してしまうと迷惑なので、インフルエンザにならないことが一番理想的ですが、なってしまったことは仕方がありません。

病院でもらえる書類もあるので、何が必要なのか?必要ないのならば、余計な出費なので、まずは会社に確認をしておきましょう。