スポーツ

石浦力士(相撲)の筋肉がすごい!身長や体重ってどのくらいなの?

投稿日:

お相撲さんで筋肉がすごい力士がいるのをご存知ですか?

石浦力士といって今注目されています。相撲をあまり見ない方でも、もしかしたら聞いたことあるかもしれませんね?

そこで、今回はその石浦力士のプロフィールやエピソードと筋肉についての評判などをまとめてみました。

石浦力士のプロフィール!身長や体重は?

石浦力士のフルネームは「石浦将勝」(いしうらまさかつ)さんです!筋肉がすごいと今話題の人気力士です。

生年月日が1990年1月10日生まれの26歳。

身長は173㎝

体重は115kg

相撲の世界では小柄な力士です。横綱日馬富士が135kgですからその20kgも軽いわけですね。憧れの力士は自分と同じように小柄だった元関脇鷲羽山だそうです。

宮城野部屋に所属しており、生涯戦歴148勝101敗です。敢闘賞を1回受賞していて過去最軽量での受賞みたいです。

スポンサードリンク

石浦将勝の生い立ち


鳥取県鳥取市西品治出身で、父親は鳥取県城北高校相撲部監督の石浦外喜義(いしうらときよし)さんです。父親が相撲の監督だけに幼少期より相撲をしていました。小学校2年生より因幡相撲道場で本格的に稽古を始めます。

運動能力が優れているので相撲だけでなく水泳や野球にも打ち込んだいて、野球では左腕のエースとして活躍していました。でも、相撲道場の倉本新太郎監督に「お前は毎日稽古場に来い」と口説かれ小学校高学年から相撲一本に絞り努力を始めます。

高校、大学と相撲には関わっていましたが、これと言って個人としてのすごいタイトルを獲得することはありませんでした。大学在学中には体重を増やそうとして逆に病気になってしまったりもしています。大学卒業後、2012年の春に日本大学を卒業して一時オーストラリアに語学留学します。格闘家になるかどうか悩んでいた時期みたいです。

しかし、転機が訪れます。その年の7月に相撲のオーストラリ国内選手権で優勝また、山口(高校の1年後輩である貴ノ岩)が関取昇進を決めたこともあり、プロ入りを決意します。帰国まで四股、腕立て伏せ、腹筋を毎日300回ずつ行い、また体重も白米を大量に食べて80kgから100kgまで増やし、相撲に通用する体格を作ります。

帰国後反対する父親を「一度きりの人生だから」と説得して白鵬の内弟子2号として宮城野部屋へ入門します。

2016年9月場所では東十両6枚目で9勝6敗の成績残し、翌11月場所で新入幕を果たします。

「幕内は夢のまた夢だったので、まさかこんな日が来るとは思わなかったです。変な感じですね」とコメントまた「小さくても、どんどん前に出て相手が嫌がる相撲を取って、自分らしさを出したいと思います」と意気込みを語りました。

新入幕の場所では1敗後に10連勝と星を重ねたが、残念ながら12日目から4連敗で成績は10勝5敗でした。しかしその好成績により三賞となる敢闘賞を受賞!

スポンサードリンク

筋肉の凄さが話題!

まるでプロレスラーのような体つきで筋肉がすごいところが特徴の石浦さんですがツイッターでも話題です。

石浦将勝の面白エピソード

石浦さんはどんな方なのか?少しわかるようなエピソードがありました。

2015年の1年間にタクシー代を100万円以上費やしてしまったんです。すんごい額ですね~。

反省してスポーツタイプの自転車を購入し「20㎞県内はこれで移動できる。足腰のたんれんにもなりますから」とのこと。まさに一石二鳥ですね、倹約とトレーニングです。

験担ぎとして負けるまで髭を剃らないことでも有名です。

「怒られたらそりますけど...。そる機会が少ないようにしたいですね」とコメントしています。

見た感じ髭もなかなかいい感じだと感じるのは私だけでしょうか?

2016年の11月場所では11日目にして9連勝中でした。そのまま髭を残しても良かったと思いますが「汚くなってきたから」という理由で髭を剃ってしまいました。とはいえ勝利して10連勝を記録しています。

スポンサードリンク

まとめ

お相撲さんと聞くと「プヨン」とした感じですが、石浦力士を見ると「ガッチリ」しています。その根底になるのは日々のトレーニングでしょう、スクワット260kg、ベンチプレス200kgをあげるなど厳しいトレーニングの結果です。

また、相撲だけでなく総合格闘技も相当好きみたいで、総合格闘技の所英男とトレーニングしています。

今後の活躍を大いに期待したいところです。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-スポーツ

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.