記念日

日本酒の日は10月1日!その由来は?一斉に乾杯するイベントも各地で開催!!

投稿日:

このところ、消費量が下がりつつあるという日本酒(清酒)。

一部の銘柄では、非正規ルートで高値が付くなど、蔵元が問題提起するほどの現象がおこっていますが、まだまだ人気のV字回復とまではいかないようです。

日本酒の消費拡大を目指し、産地の一部では、地域の宴席やイベントの際、日本酒で乾杯しようという条例を制定するところもあるとか。

皆さんは、そんな日本酒についての記念日があることはご存じでしたか?

日にちはいつなのか?その由来は?

と、気になることがたくさんあったので、調べてみることにしました。

スポンサードリンク

日本酒の日の由来は?

「日本酒の日」は、毎年10月1日。

日本酒を製造する業者の間では、〈酒造年度〉という一般とは異なる暦が採用されています。

現在は、7月1日を始まりとし翌年の6月30日までを1年とするようですが、かつては、10月1日から翌年の9月末までを1年と数えていたそう。

また、年齢を数える時にも使う十二支も関係しているのだとか。

本来、それぞれの干支は、12の月にも当てはめられたもので、1月は子、2月は丑…と数えていくと、10月は〈酉〉となります。

この〈酉〉という漢字には、酒を入れる壺や酒そのものという意味があったため、10月=酉=酒ということになったようです。

「日本酒の日」の由来、なかなか奥が深いですね。

10月1日には、全国で一斉に乾杯するイベントも!

「日本酒の日」を制定した日本酒造組合中央会では、毎年10月1日に「全国一斉日本酒で乾杯!」というイベントを開催しています。

今年(2018年)は、日本酒で乾杯している写真を募集したり、各地の飲食店と提携して、10月1日の19時に一斉に乾杯するという催しを開催するそう。

KANPAI

当日の17:30から20:30まで、渋谷駅直結の「渋谷ストリームホール」では、日本酒に関する著名人を集めたイベントも開催予定!

全国各地の日本酒を利き酒できたり、もちろん、19時には参加者全員で一斉に乾杯!

楽しそうなイベントですね〜。

スポンサードリンク

ほかにも日本酒を楽しめるイベントがいっぱい!

上でご紹介したもののほかにも、全国各地で「日本酒の日」のイベントが開催されます。

「全国一斉日本酒で乾杯」イベントについてはこちらのサイトをご確認ください。

乾杯する時間は、それぞれの地域により異なる場合もありますが、とにかく、10月1日に集まった人で一斉に乾杯しよう!という主旨は変わらないようですね。

今年(2018年)の予定ですが、「日本酒で乾杯」イベントのほかにも、秋から冬にかけて、各産地で日本酒に関するイベントも目白押し!

9月29・30日には京都で!

発酵ワンダーランド

11月3・4日には、東京・中目黒で和酒フェス!

和酒フェス

どちらも、一度にいろいろな銘柄が楽しめるようです。

まとめ

今回、調べてみて、10月1日の「日本酒の日」には、歴史や文化に基づいた理由があることもわかりましたし、各地でイベントが開催されることもわかりました。

そういえば、私も最近、日本酒をあまり飲んでないなぁ〜。

秋から冬にかけては、日本酒に合うお料理も美味しい季節!(個人の感想です)

あちこちで開催されている、いろいろな蔵元の日本酒が飲めるイベントも楽しそう!

この機会に、もっと日本酒に触れてみたいと思います。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-記念日

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.