エンタメ 映画・アニメ

実写映画ジョジョ第一章のキャストと予告動画!みんなの前評判は?

更新日:

いよいよ公開が近づいてきた実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』。

先日、予告編も公開され期待と不安とが混ざった複雑な気分になった方もいたのではないかと思います。

前売り券の発売も始まったようですし、『ジョジョ』実写版について、簡単にまとめてみることにしました。

スポンサードリンク

ジョジョ映画のキャストは誰?

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』で、主役の東方仗助を演じるのは、山崎賢人さん。

山崎さんは、話題のドラマや映画に多数出演されている、今、注目の若手俳優。

そのほかの主な出演者は以下の通りです。

  • 広瀬康一:神木隆之介さん
  • 山岸由花子:小松菜奈さん
  • 虹村形兆:岡田将生さん
  • 虹村億泰:新田真剣佑さん
  • 空条承太郎:伊勢谷友介さん

こちらのポスターには、全員が集合してますね。

右下で、ものすごい形相をしているのは、「日本犯罪史上最低の殺人鬼」と呼ばれる”アンジェロ”こと片桐安十郎。

特殊メイクでよくわからないかもしれませんが、演じているのは、山田孝之さんですよ。

映画の公式Twitterでは、キャラクタービジュアルのキャストの皆さんや、そのままの姿でのオフショットなども掲載されてますよ〜。

公開期間は?

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の公開は、2017年8月4日(金)。

夏休みまっただ中なので、ちょっと見に行ってみようと思う学生さんも多いかな?

お盆休みにゆっくり見に行こう、と思っている社会人の方もいらっしゃると思います。

通常、映画の上映期間は、6~8週間。

大人の方なら、夏休みの期間(8月末くらい?)が終わってから行くほうが、人出も少なくて良いかもしれませんね。

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』公式サイト

ストーリー4部になった理由は?予告動画でスタンドの表現はまだ不明

今回、『ジョジョの奇妙な冒険』を実写化するにあたり、どうして第4部が選ばれたのか疑問に思ったので調べてみると…。

理由は、「舞台が日本だから」という、とても単純と言えば単純なものでした。

確かに、第1部から続く物語は、外国が舞台です。

登場人物もほとんどが(日本人から見て)外国人。

もちろん、どう見ても日本人!な俳優さんが外国風の名前のキャラクターを演じる映像作品もありますが、それだと違和感がある…ということで、第4部を実写化することにしたのだそう。

でも、ロケーションをおこなったのは、予告動画を見てもわかるように、海外なんですよね。

これは、物語の舞台となる杜王町の雰囲気と合ってるのかな…?とファンの方に聞いてみたいところです。

スタンドは、CGで表現されるようなので、その点は、大丈夫…?かな?

スポンサードリンク

みんなの前評判は?こける意見は多い?

さて、Twitterでは、期待の声が多いのか、絶望の声が多いのか!?

見に行く−!という方から、”ちょっとは”楽しみという方…。

…いや、ちょっと…という方も結構多いようです。

こんな意見もありました。

原作(漫画でも小説でも)ありの作品を、実写やアニメにするときには、すべてのファンを満足させるものを作るのは難しいと思います。

でも、作り上げたものを”どこまで原作に近づけることができるか”は、作り手の腕の見せ所ですよね。

まとめ

荒木飛呂彦さんの独特の世界観をどこまで実写化できるのか…確かに難しいところかと思います。

今まで、何度も、漫画やアニメなど原作のある作品を映画化してきた三池監督を信じるしかないのかなぁ…?

このところ、興行的に苦しい結果が続いているようですが、ぜひとも『ジョジョ』は、まずまずの成果を上げて欲しいところです。

そうでないと、この映画の続編が作られなくなって、「第一章」とタイトルに入れた意味がなくなっちゃいますもんね。

 

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-エンタメ, 映画・アニメ

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.