イベント

ジョジョ原画展が東京で開催ッッッ!?会場はどこ?期間はいつまで?気になるジョッ

投稿日:

昨年(2017年)、連載開始30周年を迎えた人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』。

夏には実写映画も公開され、いろいろと話題になりましたよね。そして、今年(2018年)、30周年記念の集大成として、東京で『ジョジョ』の原画展が開催されることが発表されました!

これまでも、作者・荒木飛呂彦さんの原画展は各地で開催されたことがありますが、今回の会場はかなり大きな場所のようですよ。会場へのアクセスや会期なども気になったので、合わせて調べてみることにしました。

スポンサードリンク

『ジョジョ』原画展の会場はどこ?最寄り駅は?

この夏開催される荒木飛呂彦さんの原画展のタイトルは「荒木飛呂彦原画展 JOJO −冒険の波紋−」。

ふぉぉぉ〜!タイトルを見ているだけでも、気分が高まります!

この原画展の会場となるのは、東京・六本木にある「国立新美術館」。

  • 住所:〒106-8558 東京都港区六本木7丁目22-2
  • TEL:03-5777-8600

最寄り駅は、東京メトロ・千代田線「乃木坂」駅 。

ここで降りて青山霊園方面改札の「6出口」から出ると美術館に直結しています。

東京メトロ・日比谷線「六本木」駅(4a出口)や、都営大江戸線「六本木」駅(7出口)からでも、徒歩5分ほどなので便利ですね。

開催期間は?

「荒木飛呂彦原画展 JOJO −冒険の波紋−」の開催期間は、

2018年8月24日(金)から10月1日(月)まで(毎週火曜日は休館)

きっと、連日、大勢のお客さんで賑わうことでしょう。入場できるまで、会場の外で待たなければいけないかもしれません。残暑厳しい時期なので、水分補給や日よけグッズの持参など、暑さ対策をしっかりしておいてくださいね。

開館時間は、基本的に10時から18時までとのことですが、毎週金曜日と土曜日は21時までとのこと。遅い時間に行くほうが、ゆっくり見られるかもしれませんね。お仕事終わりに立ち寄るのも良さそうです。

また、誰よりも早く原画展を見られる”プレビューデイ”も開催されるそう。

こちらの日程は、2018年8月22日(水)と23日(木)の2日間。

”プレビューデイ”やチケット販売の情報などは、今後「ウルトラジャンプ」の誌面や原画展公式HP、Twitterなどで発信されるそうです。

こまめにツイッターでチェックしておいてくださいね!

スポンサードリンク

限定グッズも気になるッ!

こういったイベントでのもう一つのお楽しみと言えば、会場で限定販売されるグッズの数々ですよね。

今回の原画展で、どのようなグッズが販売されるのかは、まだ発表されていませんでしたが、きっと、心震えるようなグッズがたくさん販売されると思います。

昨年、宮城県仙台市で開催された原画展では、キーホルダーやボールペンなど定番のグッズから、複製原画の販売もおこなわれていたとか!

これは、ファンにはたまらないですね〜。

こちらも、公式サイトなどでの発表を待ちたいと思います♪

まとめ

国立の美術館で漫画家の個展が開催されるのは、手塚治虫さん以来のことなのだとか!

これは、本当にすごいことですよね。荒木さんも、今回の原画展に意欲を燃やしているそうで、新しいイラストの作画もいくつか予定しているとのこと。

荒木さんの新作イラストを見るためだけでも、会場に足を運びたくなります!『ジョジョ』ファンに向けた、夏の終わりのビッグイベント。今から、楽しみですね。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-イベント

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.