ガジェット

仮面ライダージオウ変身ベルトの価格は定価と比べてどんだけ安い?電池交換の方法も覚えておこう!

更新日:

2018年9月から放送が始まった『仮面ライダージオウ』。

平成最後のライダーは、時空を超えて戦うライダーになるようです。

これまでに登場した〈平成ライダー〉たちも、登場するということで、仮面ライダーファンも盛り上がっていますよ〜!

早速、第1〜2話では、前番組の『ビルド』が登場し、第3話には『エグゼイド』、その後『555』もオリジナルキャストが出演予定とのこと。

そして、「仮面ライダー」と言えば、ベルトが必須アイテム!

もちろん、今回も変身ベルトが発売されています。

今後もいろいろなアイテムが発売されることを思うと、少しでもお得に買いたいですよね。

今回は、『仮面ライダージオウ』のベルトについての情報をいろいろ集めてみました。

参考⇒先にアマゾンの「仮面ライダージオウ特設コーナー」を見る

スポンサードリンク

仮面ライダージオウのベルトお安く買えるところはある?

バンダイのHPによると、『仮面ライダージオウ』の変身ベルト「DXジクウドライバー」はオープン価格とのこと。

ネットで、いろいろなお店の価格を調べてみると、大体7500円〜でした(そこに消費税、送料がプラスされるお店も)。

Amazonでも売っていましたが、特に割引き価格というわけではなさそう。

楽天市場でも同じような感じですね。

まだ、放送が始まったばかり…ということもあり、値段はなかなか下がらないかもしれません。

注目⇒先にアマゾンの「仮面ライダージオウ特設コーナー」をチェック

変身ベルト「ジクウドライバー」や歴代平成ライダーが勢ぞろいする変身アイテム「ライドウォッチ」をはじめ、攻撃アイテムやアクションフィギュアなど、仮面ライダージオウのおもちゃが豊富な品ぞろえ

今回のベルトはギミックがスゴイ!!

『仮面ライダージオウ』の「DXジクウドライバー」は、ファンの間でも、これまでのベルトで一番!と高評価のようです。

バックルの部分に液晶画面があるのもスゴいですし、ベルト(前の部分)が360°ぐるりと回るのもカッコいい!!

変身アイテムの「ライドウォッチ」は別売りになっているのですが、こちらは単独で遊ぶこともできる仕様に!

今までは、アイテムをベルトにセットしたときだけ光ったり音が鳴ったりするものが多かったようですが、アイテム単独で遊べるのは嬉しいですよね。

電池の交換方法は?

光ったり音が鳴ったりするおもちゃの難点は、電池の消耗が激しいところ。

何回も電池交換をしているうちに、慣れてくるかと思いますが、最初に電池を入れるときは、ドキドキものですよね(私だけ?)。

DXジクウドライバー

「DXジクウドライバー」の、電池を入れる場所は、本体液晶画面の裏側。

つまようじなどの細い棒で電池ぶたの穴を押しながら、電池ぶたを反時計回りに回すとふたが開きます。

使用するのは単4電池3本。

電池を入れた後は、ふたを時計回りに回して閉じてください。

スポンサードリンク

ライドウォッチ

変身アイテムの「ライドウォッチ」も音が鳴ったり光ったりするということは、こちらも電池使用。

こちらも、電池ぶたに穴がありますのでそこ(左側)に細い棒を差し込み、ふたを外します。

「ライドウォッチ」には、ボタン電池「LR44」を3個使用。

ベルトを買うときには、単4の乾電池とボタン電池「LR44」も合わせて買っておいてくださいね。

参考: 仮面ライダーおもちゃウェブ取扱説明書

まとめ

平成最後のライダーということで、大きく盛り上がっている『仮面ライダージオウ』。

放送開始に合わせ、早速、ベルトが発売されましたが、あっと言う間に売り切れになったお店もあったようで、その人気を改めて思い知らされました。

今後も関連アイテムがいろいろ発売されることと思いますが、そちらもかなりの売れ行きになるんでしょうね〜。

ベルト自体も、もうそろそろしたら安定的に供給されるでしょうし、少しずつお安く買えるようになるかもしれません。

放送は、まだ始まったばかりですので、これから見始めても間に合います!

ベルトを買うのはそれからでも良さそうですよ。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-ガジェット

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.