バレンタイン 食事

恋するチョコレート(白い恋人)の販売期間と値段は?どこで買えるの?

投稿日:

北海道のお土産の定番と言えば、石屋製菓の「白い恋人」。

「白い恋人」は、サクサクのラングドシャクッキーに、ホワイトチョコを挟んだお菓子ですが、誰もが一度は食べたことがあるはず。石屋製菓では、2018年初頭、チョコレートの新ブランド”ISHIYA CHOCOLATE”を立ち上げ、第1弾となる「恋するチョコレート」の販売を始めました。

「恋するチョコレート」は、「白い恋人」でも使われているチョコレートをベースに北海道の厳選された素材を使った板チョコのシリーズだそう。今回は、チョコレート好きにはたまらない「恋するチョコレート」についての情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

「恋するチョコレート」の販売期間は?

「恋するチョコレート」の販売が始まったのは、2018年1月12日(金)から。

公式サイトには、特に販売期間が明記されていませんでしたが、数量限定商品とのことなので、無くなり次第販売終了になってしまうと思います。ちょうど、バレンタインの時期も控えていますし、シンプルなチョコが好きな方へのプレゼントにピッタリですね。

もちろん、自分用に買ってもOK…というより、自分用にぜひとも買いたい!

どんなラインナップがあるの?値段は?

「恋するチョコレート」のラインナップは、以下の通り。

  • 北海道贅沢ミルクチョコレートと塩
  • ホワイトチョコレートと塩
  • とうきび
  • 小豆と碾茶 注:碾茶(てんちゃ)とは抹茶の原料のこと
  • さくら

「恋するチョコレート」で使われているミルクはもちろん、砂糖の元となる甜菜(てんさい)も北海道産。

塩も、サロマ湖の湖水から作られたものなんですって!というか、サロマ湖の水ってほぼ海水と同じ成分だったんですね。そのことにビックリしました。

価格は、いずれも864円(税込)。

公式サイトには、何gなのか書かれていなかったのですが、こちらの写真を見てみるとかなり大きいそう!(ダンボーがちっちゃく見える…)

この大きさでこのお値段って、良心的ですね〜♪

どこで買えるのかな?

「恋するチョコレート」が買えるのは、北海道・札幌大通にある「ISHIYA SHOP」、札幌市西区の「白い恋人パーク」内の「ショップ・ピカデリー」。

東京では、銀座にある「GINZA SIX」地下2階「ISHIYA GINZA」でも購入することができるそう。どれも遠いわい!という方には、イシヤオンラインショップでの購入がオススメ。

スポンサードリンク

北海道以外への送料864円(税込)がかかりますが、北海道や銀座への交通費を考えたら安いものですよね。

1万円以上購入すると送料無料になるそう。

オンラインショップを見てると、ついついあれこれ買いたくなってしまうので、いろいろ合わせると1万円以上になっちゃうかな?

まとめ

北海道のお土産というと、まずチョコレートを思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか。

ロイズ(生チョコ〜♪)にHORI(とうきびチョコ〜♪)などなど、美味しいチョコレート菓子がいっぱい!そんな中に、石屋製菓が新しいチョコレートブランドを立ち上げ、さらにチョコレート戦争が激しいものになるのでしょうか。

あえて、シンプルな板チョコで勝負をかけてくるとは、なかなかの自信があるんだな〜と思うのですが、果たして新たな北海道銘菓となることができるのか!?

機会があれば、私も実食してみたいな〜。通販で買おうかな?

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-バレンタイン, 食事

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.