基本 CMYK

食事

くら寿司の「特上うな丼」値段は?史上最高値!予想の値段よりも?

もはや、ただのお寿司屋さんではなくなってしまったくら寿司。

カレーや牛丼、ラーメンまで楽しめるお店なのですが、なんと、うな丼も食べられるようになりました!どの商品に対しても、強いこだわりをもって作っているくら寿司ですから、うな丼の味も期待できそうですね。

どんな感じで作られているのか、値段はいくらなのかなど、いろいろ調べてみることにしました。

スポンサードリンク

くら寿司最高値「うな丼」の値段は?


くら寿司のうな丼には、うなぎが一枚(1匹の半分くらいの大きさ)乗った「すしやのうな丼」と、うなぎが2枚乗った「すしやの特上うな丼」の2つの種類があります。

すしやのうな丼は、680円(税抜)と、うな丼としては、なんともお手頃価格!

特上うな丼にしても、980円(税抜)なので、ビックリするほどお得ですよ!

980円という値段は、くら寿司の単品価格では最高額になるとか。

私の予想では、鰻なので1500円くらいはするかな?と思ってましたが、そこはさすがに、庶民の味方、くら寿司です。

税抜きですが1000円きってるところが凄い!

ちなみに、牛丼や天丼なら370円(税込)なので、ちょっとした自分へのご褒美として、特上うな丼を食べるのもいいかもしれませんね。

くら寿司公式サイト すしやのうな丼のページ

こだわりの製法って?


くら寿司のうな丼は、こだわりの製法で作られているようです。

まず、魚のプロが厳選した肉厚のうなぎのみを使用するようにしているのだそう。そんなうなぎをじっくりと炭火で焼き上げた後、蒸しの工程を加えることでふっくらと仕上げられるんですって。

その、ひと手間が口の中でふわっと、とろけるような食感を生んでいるのですね。たれには、昆布を始めとする7つの素材を使用し、もちろん、無添加で作っているそうです。

すしやのうな丼 こだわり紹介のページ

うなぎの産地は、中国のようですが、徹底した品質管理のもとで加工されているので、安心して食べることができると思います。

近くにくら寿司のお店がない方へ

くら寿司の丼物各種はお持ち帰りもできるようですが、お店が近くにないという方は、インターネットの通販を利用できますよ。

くら寿司には、通販サイトもありまして、お店で出している粉末緑茶やミルクレープまで買えるようです。

うな丼で使われているうなぎの蒲焼きも、真空パックで冷凍して販売されています。お家で湯せんや電子レンジで解凍するだけで、お店と同じ味が楽しめるなんて嬉しいですよね。

くら寿司 通販サイト うなぎのページ

インターネットからの注文だと、18食入りが7480円(税抜)になり、お得ですよー!1食当たり、400円ちょっとでうな丼が食べられるなんて…良い時代になったもんです。

まとめ

うなぎと言うと、土用の丑の日に食べるイメージですが、くら寿司ならいつでも、好きな時にうな丼を食べることができます。お値段もお手頃価格ですので、うなぎ好きの方は、くら寿司にダッシュ!してくださいね。

そうそう。くら寿司のカレーは、ご飯の部分が酢飯だったのですが、丼ものは、普通の白いご飯だそうです。ちょっと安心しました。

お店に食べに行くもよし、お持ち帰りでお土産にするもよし、通販で買って、好きなだけうなぎを乗せてたらふく食べるもし。

いろいろな楽しみ方ができますね。