kuranach-exhibition-how-long-ticket-top

イベント

クラーナハ展はいつまで?場所とチケット値段まとめとグッズについて

東京にお住まいの方なら、電車の中吊りなどで『クラーナハ展』のポスターをご覧になった方も多いと思います。

でも、名前だけを見たり聞いたりしただけでは、何のこと?と思ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実際、私も、字面だけを見て、『クラーナ”八(8)展”』って何?と見間違えてしまう始末…(無知って怖い…)。

私ほどの勘違いをしてしまう方は、そうそういらっしゃらないと思いますが、『クラーナハ展』って何?と興味を持たれた方のために、いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク

そもそも、クラーナハって何?

クラーナハは、人の名前です(当たり前すぎて、すみません)。

ルネサンス期にドイツで活躍した、宮廷画家だそうで、息子さんも同じ名前のため、「ルーカス・クラーナハ (父)」と表記されることが多いんですって。

「クラナッハ」「クラナハ」と表記されているものもありました。

どんな絵を描いていたのか調べていると、「コレ、見たことある!!」と、思わず声を上げてしまったものが。

それは、宗教改革で有名なマルティン・ルターの肖像画。

教科書にも載っていると思いますので、見たことがある方も多いのでは?

kuranach-exhibition-how-long-ticket01

参照 : Wikipedia ルターの肖像画 https://ja.wikipedia.org

クラーナハの描く、女性の姿は、何とも言えない艶めかしさがあります。

宗教画のはずなのに、肉感的なボディの女性が裸体で描かれていて、当時の表現方法としては、かなり斬新だったのではないでしょうか。

参照 : Wikipedia ルーカス・クラナッハ https://ja.wikipedia.org

参照 : Wikipedia ルーカス・クラナッハ https://ja.wikipedia.org

 

クラーナハ展の開催期間は?

『クラーナハ展—500年後の誘惑』は、

現在、東京・上野公園内の国立西洋美術館で開催されています。

国立西洋美術館
〒110-0007
東京都台東区上野公園7番7号
ハローダイヤル:(03)5777-8600
http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html

会期は、2016年10月15日(土)〜2017年1月15日(日)とのことですので、まだ、ご覧になられてない方は、是非、上野まで足を運んでみてください。

国立西洋美術館は、先日、ル・コルビュジエの建築作品の一つとして、世界遺産にも登録されましたね。

建物自体を見に行かれる方も増えているとのことですので、混雑しているかもしれませんが、平日なら比較的空いているようですよ。

チケットの代金は

  • 一般 1600円
  • 大学生 1200円
  • 高校生 800円

となっています。

また、2017年には、大阪での開催も決定しています。
会期は、2017年1月28日(土)〜4月16日(日)

大阪・中之島にある国立国際美術館での開催です。
関西にお住まいの方は、是非、こちらへどうぞ。

国立国際美術館
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55
TEL (06) 6447-4680 (代)
http://www.nmao.go.jp/

スポンサードリンク

グッズ情報

どんなイベントでも販売されている限定グッズ。

もちろん、クラーナハ展でも、オリジナルグッズが数量限定で販売中ですよ。

クラーナハが生まれ育ったドイツで創業した、テディベアで有名なシュタイフとコラボしたクラーナハ展限定の衣装を身につけたくまちゃんの可愛いこと!

ちなみに、お値段は3万円以上とのこと(シュタイフのテディベアでは、この値段なら、まだ安い方だそうで…)。

その他、スワロフスキーとタイアップしたオリジナルのアクセサリーやデンメアティーハウス(DEMMERS TEEHAUS)という紅茶ブランドの展覧会オリジナル紅茶も販売されているそうです。

どちらも、きっとお高いんでしょうね…(何故か、値段の情報がでていないのです…)。

クラーナハ展 公式サイト グッズのページ

まとめ

2017年は、ルターの宗教改革から、500年の記念の年。

ルターと親しく交友していたクラーナハの展覧会が日本で開催され、クラーナハの描く、妖しく官能的な女性の裸体図は、見る者の目を引きつけます。

スペシャルナビゲーターとして、阿川佐和子さんが登場する音声ガイドもありますので、目から耳から、この展覧会を楽しんでみてくださいね。