くら寿司 食事

【くら寿司】ハロウィンメニューの種類と販売期間!名前が衝撃的だよ!

投稿日:

もはや、ただの回転”寿司”屋さんではなくなってきた「くら寿司」。ラーメンやカレーも食べられる上に、スイーツも充実してますものね。

さて、そんなくら寿司にハロウィン特製メニューが登場するそう!何にでもチャレンジしてきたお店ですが、ハロウィン向けのメニューを販売するのは初めてなのだとか。

どんなメニューなんでしょうか?調べてみることにしました。

スポンサードリンク

くら寿司のハロウィンメニューってどんなもの?名前がスゴイ!

これまでも、くら寿司では、季節を感じられるメニューが登場していました。

恵方巻きはもちろん、バレンタインには人気のシャリの入った「シャリチョコパン」なども販売していたようですよ。

そこで、ハロウィンも…となったそうですが、ここまで何でもアリだと、逆にすがすがしいなぁ、と思う私です。

今回、登場するハロウィン特製メニューは以下の4種類。

  • 「消えるお化けの黒カレー」:370円
  • 「魔女の海老マヨ」:200円
  • 「魔女のはぐき」:250円
  • 「恐怖の目玉ムース」:100円

それでは、1つずつ写真を見ていきましょう!!

消えるお化けの黒カレー

魔女の海老マヨ

魔女のはぐき

恐怖の目玉ムース

写真を見てみると、紫色のソースがかかっているものも…。

これは、紫キャベツを使ったマヨソースなのだとか。…良かった、変なものじゃなくて…。

使っている食材は、安心できるものですが、それにしても、名前がスゴイですね…。こんな大胆なスイーツを得るお寿司屋さんは、くら寿司だけじゃないでしょうか!?

ハロウィンも近いので面白いですね!私も、つい頼んでしまうと思います。

ところでハロウィンは10月ですが、このハロウィンスイーツはいつから開始なのか気になるところ。

ハロウィンメニューが食べられるのは、いつからいつまで

くら寿司でハロウィン特製メニューが食べられるのは、2017年10月13日(金)から10月31日(火)まで。

最近は、お盆を過ぎたあたりから、いろいろなお店もハロウィン仕様になってきてますが、くら寿司では、10月に入ってからなんですね(お店のディスプレイは、早めに展開してるかもしれませんが…)。

短い期間ですし、取り扱い数も限られているかもしれませんから、気になる方は、早めにお店に行ってみてください。

一部、取り扱いのない店舗や上に書いた価格と異なる場合があるそうなので、ご注意を!

スポンサードリンク

スイーツを並べてみると…!?

今回のラインナップ、スイーツ系の名前は「魔女のはぐき」「恐怖の目玉ムース」とまさにハロウィンを意識したもの。

見た目も、そのまんまなので、最初の一口を食べるときには、ちょっと勇気が必要かもしれませんね。

特に、「恐怖の目玉ムース」は、スプーンを入れると中からどろりと赤いソースがあふれてくるのだそう(赤いと言っても、血ではなくいちごソースなので、安心してください)。

恐怖の目玉ムースを2つ頼んで、魔女のはぐきを1つ注文。組み合わせると、モンスターの顔が完成!

こんな風に顔が完成するようですよ!みなさん絶対写真撮りますよね。

インスタ映え?SNS映えしそう…でしょうか?

まとめ

最初に書いたように、くら寿司でハロウィン向けの商品を扱うのは今回が初めてとのこと。

いろいろとユニークなことをやってるお店なので、これまでも取り扱っていたイメージがあったんですが、やってなかったんですね〜。今回のラインナップも、名前や見た目がユニークです。ご家族やお友だちとワイワイ楽しく写真を撮ったり、食べたりできそう!

今年のハロウィンパーティーは、くら寿司で決まり!ですね。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-くら寿司, 食事

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.