子育て 暮らし

陣痛タクシーって何?実施地域をチェック!マタニティータクシーと何が違う?

投稿日:

「陣痛タクシー」や「マタニティータクシー」という言葉を聞いたことがありますか?現在妊娠中の方も、これから妊娠・出産を希望されている方にも、もしかしたら役に立つものかもしれません。

近年、全国的に広がっている活動ではありますが、まだまだ対応している地域は限られています。また、地域によって、受けられるサービスも異なるようなので、少し情報をまとめてみることにしました。

スポンサードリンク

陣痛タクシーって何?

急に陣痛が始まったとき、お家に車がない、車はあるけど旦那様が出勤やお出かけに使用中ということもあるでしょう。そんなとき、タクシーを呼んで病院に行くという方法を選ばざるを得ないこともありますよね。

しかし、残念ながら、出産のため病院に行きたいという依頼をしても「うちではちょっと…」と配車を断られてしまうことも。

主な理由は、車内で破水してしまうと座席が汚れてしまうから、とか、万が一のことが起こった場合ドライバーが対応できないからということのようです。

田中さん
そうか、断られてしまうんすね

山田さん
そこで陣痛タクシーというサービスなわけです

「陣痛タクシー」もしくは「マタニティタクシー」は、そんな出産を控えた妊婦さんたちが安心してタクシーを利用できるようにしたサービスです。

呼び名は違いますが、基本的には同じサービスですね。

まずは、タクシー会社に事前に、氏名や出産予定日、出産する病院などを登録。そうすることで、いざ、陣痛が始まったとき、スムーズに病院まで送り届けてもらうことができます。

ドライバーさんは、救命講習や助産師などから指導を受けていますので、万が一の際にも冷静に対応してくれますし、配車依頼は365日24時間いつでも受け付けてくれます。

陣痛タクシーの実施している地域はどこ?

陣痛タクシーは、全国的に広がりを見せているとは言え、やはり都市部が中心となっているようです。その他の地域も何社かありますのでそれぞれ紹介していきますね。

東京近郊

陣痛タクシーの草分け的存在の日本交通では、

  • 東京23区
  • 武蔵野市
  • 三鷹市

での実施となっているとのこと。

labor-pain-maternity-taxi-service-01

日本交通公式サイト 陣痛タクシーのページ

名古屋

名古屋市を中心に営業しているつばめタクシー

labor-pain-maternity-taxi-service-02

⇒つばめタクシー エンジェルプランのページ

福岡

福岡市内を中心に営業している大稲タクシー

labor-pain-maternity-taxi-service-03

大稲タクシー プレママタクシーのページ

全国に拡大中の会社

全国各地で展開している第一交通グループ

labor-pain-maternity-taxi-service-04

第一交通グループ ママサポートタクシーのページ

 

この他にもたくさんあるようです。それぞれのタクシー会社で、いろいろな名称が付けられていますので、お住まいの近くで対応しているタクシー会社があるか確認してみてくださいね。

最寄りの地域にないとせっかくのサービスでも使えませんので。

 

スポンサードリンク

陣痛タクシーはどんなサービスがある?

先ほども書きましたが、各タクシー会社の陣痛タクシーに会員登録をしておくと、いつでも優先的に配車をしてくれます。ドライバーの方は、講習を受けていますので、万が一のことがあっても的確に対応してくれることでしょう。

もし、車内で破水してしまっても大丈夫。防水シート完備の車で迎えに来てくれますし、車内を汚してしまったとしても別途クリーニング代金を請求しないというところも多いようですよ。

いろいろなサービスをしてくれる陣痛タクシーですが、会員登録するのは無料ですし、基本的には他の配車と変わらない料金だそう。追加料金があったとしても、数百円程度だそうです。

田中さん
とりあえず登録してもいいすね

山田さん
出産以外でもいいようですよ

また、出産時だけではなく、定期検診や出産後、赤ちゃんを連れてのお出かけにも気軽に利用できるようなサービスをおこなっている会社もあるようです。

お子さんに急な発熱があるけれど、救急車を呼ぶほどでもないというようなときにも利用できそうですね。

実際に使ってる人は?評判や感想

便利なサービスなのに、まだまだ認知度が低いのか知らないかも多いようです。初めて聞いたという方もいますし、すでに活用してる方もいますね。

まとめ

都市部にお住まいの方なら、お家に自動車がないというお家も多いでしょう。そんな方が、妊娠中や出産後にお出かけするのは、結構大変なことだと思います。

お住まいの近くに、いざというとき、利用しやすいタクシー会社があるのは便利ですよね。田舎に住んでいる者としては、うらやましい限りです。

私の知り合いの話では、陣痛が始まっている最中、自分で車を運転して病院まで行くしかなかったそう。しかも、病院に着いたら着いたで、まだお産が進んでいないので、一旦、家に帰るように言われたとか。

陣痛タクシーが利用できたら、そんなこともないかもしれませんね。

これから、出産を控えている皆さん。もし、お近くに陣痛タクシーを実施している会社があるなら、利用登録しておくことをおすすめします。いろいろな人の力を遠慮なく借りて、赤ちゃんを迎える準備をしておきましょうね。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連コンテンツ

-子育て, 暮らし

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.