映画・アニメ

【アニメ銀河英雄伝説】放送開始!同時進行で読むなら最新版の漫画と小説がオススメ!

投稿日:

2018年春、田中芳樹さんのベストセラー小説『銀河英雄伝説』がアニメになって帰ってきます!

でも、原作小説の第1巻が発売されたのは、1982年と35年以上も前なので、タイトルは聞いたことがあっても、読んだことがない、という方も多いかもしれませんね。

今回放送されるアニメは、今風のキャラクターデザインになっているので、オールドファンだけでなく、若い方も楽しめる作りになっていると思います。

アニメを見て、さらに『銀英伝』の世界を楽しみたいという方にオススメなのが、漫画版。

また、今回のアニメ化に合わせ、原作小説が装いも新たに再登場するそう。今回は、アニメと合わせて楽しめる『銀英伝』のコミックスと新版の小説をご紹介します。

スポンサードリンク

『銀河英雄伝説』の漫画版、最新バージョンは藤崎竜さん作!

この春から放送の『銀英伝』のアニメを見て、原作小説を読んでみたくなる人が続出するかも!?

でも、中には「本(小説)を読むのが苦手で…」という人がいるかもしれません。

そんな方にオススメなのが、漫画版の『銀英伝』。

『銀英伝』は、過去にも何回か漫画化されていますが、「週刊ヤングジャンプ」に掲載されている藤崎竜さんのものが最新となります。

藤崎さんと言えば、こちらも大ヒット作『封神演義』でおなじみですよね。

”フジリュー”さんが、『銀英伝』をコミカライズすると聞いた時には、ビックリしたものですが、読みやすく、キャラクターの魅力がさらに深まっているように思います。

2018年4月19日には、最新コミックス第10巻が発売されますよ〜。

下記はデジタル版

小説も新版が出るらしいですよ〜!

今回のアニメの放送に合わせて、原作小説が装いも新たに刊行されるそうです。

内容が新しくなるわけではないので、ご注意くださいね(巻末には、田中芳樹さんの最新インタビューが掲載されるそうです)。

カバーや口絵(口絵は1巻のみの予定?)のイラストを担当するのは、新アニメ『銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)』でキャラクターデザインを務める菊地洋子さん。

菊池さんはアニメ『黒子のバスケ』でもキャラデザを担当されていたそうです。

どおりで、ラインハルト様たちが、どこかで見たような顔してるなぁ〜と思いました。

第1巻の発売は、2018年4月21日(土)。

その後、2巻が5月に発売されるとのことなので、毎月1冊ずつ刊行される予定なのかな?

本のサイズは、B6と通常の文庫本や新書より大きめですね。

字も大きくなって読みやすいのかな?

本屋さんで見かけたら、手に取って確かめてみたいと思います。

スポンサードリンク

もちろん、旧作の漫画や小説(文庫本)も買えるよ〜!

先ほどご紹介した小説は、一気に刊行されるわけではないので、読み始めると続きが気になってしまうかも。

そんな方には、既刊の文庫版をオススメしたいと思います。

Amazonでは、創元SF文庫から刊行されたものがBOXで販売されていました。

こちらは、本伝と外伝、合わせて15巻のセットとなっているようです。

漫画版は、道原かつみさん作画のものが2作品刊行されていますが、結局、原作の最後までは描かれることはありませんでした…。

こちらは、原作の2巻まで。

こちらも原作(本伝)の半ばくらいまでを描いて終了しています。

まとめ

かつて製作されたアニメ版『銀英伝』は、原作の最後までを見事に描ききりました。

今回のアニメでは、どこまでのお話が描かれるのでしょうか。

今回は、テレビアニメと劇場用アニメで構成されるそうなので(これも、今風の仕掛けですよね)、期待も高まります。

新作アニメを追いかけつつ、既刊の漫画版を読むも良し、改めて原作小説を読み返すも良し。

いろいろな楽しみ方ができそうです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

関連記事

-映画・アニメ

Copyright© mixup , 2018 AllRights Reserved.