LINE

LINEで「自宅に到着しました」を無効にしたい!iOS10の新機能が邪魔?

投稿日:

LINEの機能で「自宅に到着しました」というのがあります。

いや、知ってるよ!自宅だもの!

てかなぜ知ってるの???

この機能って必要ですかね?そもそもどういう仕組みなのか、不要だから無効にしたい人は参考にしてください。

LINEが自宅を把握している?

LINEで住所登録した記憶ってありますか?

ないですよね?

にも関わらず、iPhoneではこのような表示が出ることがあります。

「勤務先に到着しました」Verもあります。

なぜなのでしょう?

そしてこれは何のための機能なのでしょう?

勘違いしていませんか?

まず、ここで勘違いしないで欲しいのですが、LINEアプリが、あなたが自宅に到着したことを認識しているわけではありません。

iOSが、自宅に到着したことを認識していて、自宅でよく使うアプリLINEを使いませんかと提案してきている、というのが正しい認識です。

LINE自体が「おかえりなさい」と言っているわけではなかったのですね。

なぜ「自宅」「勤務先」がバレるのか

ではなぜiOSは「自宅」と「勤務先」を把握しているのでしょうか?

実は、iOS10には「利用頻度の高い位置情報」という機能があり、位置情報の履歴から、その滞在時間や滞在回数を分析し、「自宅」や「勤務先」を推定しているのです。

スポンサードリンク

機能を無効にする方法

機械相手とはいえ、自宅や勤務先を把握されることって気持ちが悪いですよね…。

この機能を無効にする方法を紹介します。

まずは、設定→プライバシーを選択

続いて「位置情報サービス」を選択。

システムサービスを選択

利用頻度の高い位置情報を選択

そうすると、以下の画像ように、自分が訪れた場所が幾つか出てきます。

履歴という項目に、「市町村、都道府県」が表示されて、その下に、「期間、箇所」が表示されます。

平日の昼間によく居る場所と判断されれば、そこは「勤務先」。

朝や夜によく居る場所と判断されれば、そこは「自宅」。

こんな感じで総合的に判断されます。

正直な話、気持ちのいいものではないですね…。

この機能をOFFにするには、先程出てきた…

この画面!

この「利用頻度の高い位置情報」をOFFにして下さい。

これで、「おかえりなさい」機能はなくなります。

また、「履歴の消去」をすることで、現在自動登録されている「自宅」や「勤務先」を削除することができます。

スポンサードリンク

まとめ

帰宅してからすぐにLINEを開きたい人には良いかも知れませんが、この機能は本当に需要があるのでしょうか…?

iPhoneを紛失したことを思うと、ゾッとしますよね…。

操作方法さえわかれば、自宅や勤務先の特定に繋がりますからね。

個人的には…この機能は切っておいた方がいいかな、と思います。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-LINE

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.