LINE_top

LINE

LINEモバイルiPhoneや対応機種は?いつ開始?子供に最適かも?

2016/10/18

噂では聞いていて前々から興味はありました。LINEアプリに特化したLINE端末が出るという話ですが、ついに詳細が発表され初回先着2万名で販売開始のようです。まだまだよくわからないことが多いので実際どうなのか?じっくり調べてみました。

スポンサードリンク

LINEモバイルの特徴

そもそもLINEモバイルって何?って人もいると思うので簡単に説明します。LINEはあのコミュニケーションアプリのLINEです。そのLINEの会社がLINE関連を使うことに限って通信料を下げ格安でスマホを使えるようにしよう!というサービスです。

現在スマホを使うには

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク

の3社とSIMフリーなどを使えるMVNOなどのサービスがあります。(MVNOの詳細に関しては長くなるので今回は割愛)

2016年9月5日に先着2万名でWEBサイトから申し込みを開始してます。

その他の特徴としてLINEに特化したサービスなのでLINEに関しての特定の通信料はカウントされない、ドコモの回線と同じエリアの対応なので通信範囲も広く繋がりやすい、値段も最低限のプランがあるため子供の最初のスマホにいいかもしれないなどの特徴があります。

個人的には500円プランが安くて気になる

私が最初に興味を持ったのは月額500円、LINEは無料?などの情報を最初に聞いて、ふーん、実際どんな端末があって、どんなプランがあるんだろう?とチェックしてみたいと思ったんですね。

うちの子供はまだ小さいのでスマホを持たせるには早いですが、将来的に使えるなら選択肢の1つとして候補にしておきたいため気になりました。

でも疑い深い私は

  • 端末はどんなのがあるのか?Androidだけの対応なのか?iPhone使えるのか?
  • 月500円で済むはずないんじゃないか?
  • もしも子供に持たせるなら上限は設定できるのか?

いろんな疑問がありました。

基本的には我が家は夫婦でiPhoneです。iPadも使い、子供はお古のiPhoneをバリバリ使ってます。一人で外に出ることは、まだ小学校くらいなので必要ないですが、いずれLINEで簡単なコミュニケーションが取れると外出時なども楽でいいなって思ってます。

次にこのあたりのいろいろな疑問を公式サイトから読みとってみた感じをまとめていきますね。その前にいくつか知っておくべきこともあるので、そのあたりの説明を簡単にしてから、疑問点に触れていきたいと思います。

スポンサードリンク

LINEモバイルの対象機種は何?

基本的にLINEモバイルはSIMカードでの提供です。店舗で販売していなくWEBからの申し込みのみ。

契約の種類は3つ

  • LINEモバイルで購入した端末
  • SIMフリー端末
  • ドコモのSIMカード対応端末

公式の販売端末を見るとLINE専用ではなく、ドコモなどでも販売しているAndroid携帯の8台が販売されてます。値段は13800から49800とそれぞれのニーズにあった端末を用意してあり、アクオス携帯から海外のスマホまでありますが個人的には魅力的な端末はありませんね。

でも子供用、2台目用、月額通信料500などを考慮すると十分なのかもしれないです。

販売端末については公式のこちらのページにあります。(公式の販売スマホのラインナップ)

自由に端末を選びたい場合、今持ってるものを切り替えたい場合などはSIMフリー端末で対応すれば可能です。

ドコモの場合はSIMの形状が同じでそのまま使えます。ただし、au、softbankは「LINEモバイルのSIMカードは原則ご利用いただけません。端末の同時購入をおすすめします。」と書かれている通り、対応してなくその場合はMNPで対応。

古いiPhoneやAndroidでも使える?

私がもしLINEモバイルを契約するとしたら出来れば前に使ってたiPhoneを使いたいですね。新しく買い換えて使わなくなったスマホや中古で購入してつけるのか?気になるところです。

注意すべきところは、その端末が対応しているのか?公式サイトのこちらに確認済の端末がリストアップされてました。

 

iPhoneだけじゃなくXperiaやGalaxyなど売れてる端末も対応してますが型番に注意が必要でした。実際に契約しようと思う時には契約する時に使いたいスマホの型番が使えるものか?確認したほうがいいです。

例えばiPhoneに関して引用ですが

  • iPhone SE A1723
  • iPhone SE A1723
  • iPhone 6s A1688
  • iPhone 6s A1688
  • iPhone 6s Plus A1687
  • iPhone 6s Plus A1687
  • iPhone 5s A1453
  • iPhone 6 Plus A1524

iPhone SE、5S、6って感じです。でも最新のiPhoneを使うのに、LINEしか使わない、1GBのみって宝の持ち腐れだと思ってます。

古いスマホでも十分使えますしSNSがメインのLINEには丁度いいかな?と感じてます。

もしも、iPhoneで契約するならば現在使ってるiPhoneを下取りせずにお下がりとして手元に残して、その端末をLINEモバイルで契約。というパターンなら、まあまあお得に使えそうかな?と思います。

下取りも結構な額で引き取ってくれるのでLINE用に使うか下取りか迷いますが

  • 端末購入とどちらが安いか?
  • どちらがサクサク動くか?慣れてるか?子供が使いやすいか?
  • LINEモバイルで販売してるスマホはどんな程度か?

ここら辺を頭に入れておきたいところですがSNSがメインで1GBのみならそこまで高スペックなスマホは必要ないかもしれないですね。なので、お古でも低スペックなスマホでも、まぁいいんじゃないか?っていう気持ちです。

前提としては2台目のサブや子供専用という使い方に限って言えばですが。

月500円でそれ以上かからないの?その他のプランは?

「LINE フリー」「コミュニケーションフリー」があります。

LINEフリー対象は下記のLINE全て。コミュニケーションフリーはさらにツイッターとフェイスブックもフリーになります。

月額500円(税別)はLINE通話、LINEトークが使い放題、さらにWEBサイトや動画で使えるパケットが1GBついてます。

500円でいくら使っても使い放題です。例えばLINEの全て(一部ストリーミング除く)というのは

  • 音声通話
  • トーク
  • 画像動画の送受信
  • タイムライン
  • スタンプダウンロード
  • 友達追加

細かい部分も入れるとこれら全てです。凄いところはLINE経由の音声通話も適用されます。

さらに500円プランは1GBのパケット通信が付いてくるのでニュースや動画、メールやWEBサイトなどを見ることに使えます。

1GBって少ないかもしれないですが、調べる前まではパケットは付いてこないものだと思ってたので500円でSNSと1GBって凄いと思います。

通常1GBプランでは1GB以上使うと速度制限がありますが、LINEに限ってはパケットを使い切って追加しなくても高速で通信できる点がメリット。

月500円で使うには、LINE関連のトーク、音声が使い放題。他1GB使えるメリットで1GB超えても課金は勝手にされず通信が遅くなるだけです。LINEをメインにコミュニケーション用として使うぶんには十分500円で収まりそうです。

コミュニケーションフリーにすればLINEに加えて、Twitter、Facebookもフリーのカウントになり、パケットも3GBからになります。こちらは月1110円ですが、こうして考えていくとキリがなく他MVNOと比較すると差がどの程度か?魅力が薄くなりそうです。

今回私が興味を持ったのは500円!?という部分と500円でどれだけ使えるのか?です。1GBでTwitterやFacebookも収まる範囲で使うのが安上がりですね。

他のプランは?

パケットをもっと多めにするプラン、音声通話をつけるプラン、SMSもつけるなどあります。

スタンダードな1GB、500円プランをオプションで変更するとして

データ通信とSMS 620円(税別)
データ通信と音声 1200円(税別)

この他に必要に応じてパケット容量が3GBから10GBと用意されているので自分にあったプランが見つかると思います。

詳しい料金プランや価格表。詳細がのってます。

子供に持たせる前提で考えてみた

我が家はまだ保育園、小学生低学年なので不当ですが、あと数年すれば必要になるかもしれないので500円ならお手軽でいいなって思いから、子供用にはどんな感じか考えてみたんです。

公式では「お子様にも安心」と宣伝してます。どのあたりがオススメなのかチェックしてみました。

 

公式では主に3点

  • 契約者と利用者に分けて管理チェックができる
  • 毎日通信がどのくらいか把握できる
  • 無料でフィルタリングアプリが使える

個人的にいいなって思ったのは、子供に持たせるスマホとは別に親がLINEアプリ上で管理できることです。管理というのは通信がどの程度なのか?残量どのくらいか?です。子供のスマホをいじってログインして操作するという作業がなくても気軽に見れる点。

そしてフィルタリングアプリが無料という点です。契約時に最初から付いてるので大きなアドバンテージです。使えるアプリは「iフィルター」という単体でも販売してるアプリでiOS、android、windowsに対応したサービスのようで出会い系や高額請求などの危険から子供を守れるというのが特徴です。

iフィルターの提供会社サイト

簡単に調べてみたところ、forマルチデバイスというバージョンで月額1台税込360円、年間だと4320円と結構かかります。これが無料で付いてくるのは子供用にはいいですね。

フィルタリングというのは条件指定して見てもいいサイト、カテゴリーなどを設定できたり、検索した単語がわかる、長時間の利用制限をできるなど、想像よりも管理できそうです。

子供が中学生、高校生くらいだとプライバシーの関係や信頼関係の問題でどこまで踏み込むか難しい部分がありますが、小学生、もしくは中学生や高校生でも持たせる条件の1つでフィルターかけるならOKという選択も可能かもしれないです。

そして、使ってないスマホを使いまわしで使えることや500円で連絡とれる手段があるなら安いので魅力的です。

なので個人的に子供用に魅力を感じるのは

  • 500円から使える
  • 使ってないスマホで契約できるかも
  • フィルタリングアプリ
  • 親がLINEを使ってると便利

こんな感覚です。

その他注意点と補足

音声通話SIMプランをご利用の場合、利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含みます。)に、サービスの解約又はMNP転出をする場合は9,800円(税抜き)の解約手数料が発生します。

携帯契約でありがちな解約でのお金発生。これに関しては音声プランの場合は9800円かかりますがデータのみの契約ではかからないようです。MNPならば転移手数料などもかかりますが、新規契約の場合は登録事務手数料3000円だけです。

 

まとめ

月額500円でLINEとこれ以外にwebやメールなどで使えるパケット1GB。これは安いかもしれません!詳しく知る前は何か裏があるんじゃないか?500円以上かかるんでしょ?どうせ!と思って他の似たようなサービスで十分!と思ってましたが、シンプルで分かりやすくLINEでの連絡が多いならば特にメリットありそうです。

そして導入方法も多岐にわたり幅広く対応してそうなので使用状況にあう人は使えそうかもしれません。