食事

ロッテリア雪見だいふくの期間はいつまで?メニューは4種類!

投稿日:

ロッテのアイス「雪見だいふく」。

もちもちのお餅でアイスを包んだ”だいふく(大福)”のようなアイスです。ロッテと言えば、ファーストフード店「ロッテリア」でもおなじみ。

さて、この2つがコラボしたら…!?スイーツなのか?ハンバーガーなのか?ちょっとよくわからないメニューが爆誕したようです。

スポンサードリンク

ロッテリアで雪見だいふくが食べられる!?期間限定?

「ロッテリア」と「雪見だいふく」がコラボした「雪見だいふくスイーツ」が食べられるのは、2017年8月31日(木)から。

販売期間は、12月下旬までを予定しているそう。

アイスと言えば、夏真っ盛りに食べるイメージですが、「雪見だいふく」はその名前の通り、雪を見るような寒い季節にコタツで温まりながら食べたくなるアイスですよね(?)。

それと、アイスを包んでいるお餅(求肥)は、気温が高いと柔らかくなりすぎてしまうのだそう。

そのため、雪見だいふくが、より美味しく食べられるのは冬の間ということになるようです。

夏の間は、コンビニなどに行っても、雪見だいふくにお目にかかる機会は、少ないようですよ。

「雪見だいふくプチバーガー」の種類は?

「雪見だいふくスイーツ」で、まず目を引くのは、雪見だいふくをバンズ(直径6センチのミニサイズ)で挟んだ「雪見だいふくプチバーガー」。

写真を見て「これ…挟みきれてないやん…」と思ったのは私だけではないはず!

まぁ、それはさておき。

「雪見だいふくプチバーガー」には、4つの種類があります。

北海道産小豆とダイスカットしたイチゴの入った”いちごあずき”。

北海道産小豆と雪見だいふくをシンプルにサンドした”あずき”。

薄切りのアーモンドと甘じょっぱいみたらしソースの”みたらし”。

とろけたチェダーチーズとゴーダチーズを雪見だいふくの上に乗せた”チーズ”。

どれも美味しそうですね。

私が特に気になったのは、とろ〜りチーズの乗った”チーズ”味。

甘さとちょっぴりしょっぱい味のハーモニーは、どんな仕上がりになっているのでしょうか。

お値段は、どれも単品で230円(税込)です。

スポンサードリンク

シェーキもあるよ!

「雪見だいふくスイーツ」には、もう一つのメニューが!

沖縄産黒糖を使ったプリンに宇治抹茶パウダーを使ったシェーキがON!

それだけでも美味しそうなのですが、とどめに、雪見だいふく(ちょっと小さめ)とホイップクリーム、さらに黒糖(もちろん、沖縄産)シロップという素晴らしい組み合わせになっています。

こちらのお値段は、単品で380円(税込)。

ちょっと”バンズ+雪見だいふく”にチャレンジする勇気が出ないわぁ…という方は、シェーキから試してみてはいかがでしょうか。

私も、まず、このシェーキから注文してみると思います…。

まとめ

「雪見だいふくプチバーガー」の写真を見たとき、一瞬、何が起こっているのかちょっとよくわからなくなりました。

ロッテリアは、一体、どこに向かっているのか…と。

でも、こうやって、世に出すということは、それなりに自信のあるメニューなのかもしれません。

果たして、ふっくらバンズと、とろけるお餅とアイスとトッピングが見事にマッチしているのでしょうか!?

ぜひ、皆さんも実際に食べて、実感してみてください。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

-食事

Copyright© mixup , 2017 AllRights Reserved.