映画

ルパン三世カリオストロの城2017映画館でMX4D版!?期間はいつからいつまで?

『カリオストロの城』と聞くと、何故か「フォォォ〜」と血湧き肉躍ってしまう、アラフォーの私。

んTVでも何度でも放送されているので、私より若い世代の方でも、見たことがある方も多いと思います。いろいろな名台詞、名場面があり、部分的にでも「聞いたことがある」「見たことがある」という方もいらっしゃるでしょう。

さて、そんな思い出の『カリオストロの城』が2017年1月にMX4D版としてよみがえります!

2014年に公開されたリマスター版とはどう違うの?そもそもMX4Dって何?と疑問だらけの皆さん(もちろん私も)のために調べてみることにしました。

『カリオストロの城』とは?

『ルパン三世 カリオストロの城』は、言わずと知れたモンキー・パンチさん原作の人気アニメ『ルパン三世』の劇場映画。

『ルパン』の映画としては、これが2作目で、今や世界的アニメ映画監督の宮崎駿さんの初監督作品でもあります(『パンダコパンダ』じゃなかったのね…←この作品では、演出・脚本など担当))。

架空の国「カリオストロ公国」を舞台に、大公家の姫君・クラリスと彼女を救うためルパンが奮闘する姿が描かれています。

初公開は1979年。38年も前の作品とは思えないクオリティで、いつ見てもワクワクさせられる作品です。

スポンサードリンク

「MX4D」版って?

2014年には、デジタルリマスター版が公開されました。映り込んでいるゴミや、音声のノイズを取り除く作業などに3年を費やしたそう。今回は、そのリマスター版を元に、MX4D版が公開されます。

で、「MX4D」版って何?という話なのですが…。

「MX4D」とは、映画のシーンに合わせて、シートが前後・左右・上下に動いたり、風や香りを感じたり、霧が出てきたり…アトラクション的な体験をしながら映画が見られるのだそう。

こんなので、落ち着いて見られるの?と思ってしまいますが、アトラクションとして楽しみたい方には良いかもしれませんね。

公式にMX4Dについて書かれてます。

TOHOシネマズ よくあるお問い合わせ「MX4Dついて教えてください」

上映期間は?

MX4D版『カリオストロの城』の上映開始は、

2017年1月20日(金)

MX4Dに対応した劇場がまだ少ないのか、見られる劇場は限られているようです。
東京近郊では、

  • 新宿
  • 六本木ヒルズ
  • 川崎
  • ららぽーと船橋

などにあるTOHOシネマズで見られるそう。
上映期間は、多くの映画と同じように1ヶ月程度ではないかな?と思います。好評だと、ロングランになる可能性もありますが、MX4D用の設備が整っている劇場が少ないのがネックですよね…。

気になる方は、早めに劇場に足を運んでくださいね!

MX4D版『ルパン三世 カリオストロの城』公式サイト 上映劇場情報

スポンサードリンク

最後に

MX4Dを楽しむには、通常の映画鑑賞代金に加えて、1000円〜(劇場によって異なるようです)の追加料金がかかるようです。

例えば、TOHOシネマズ新宿では、通常料金が一般だと1800円。そこに追加料金が1200円とのことなので、合計3000円かかることになります。それを高いと思うか安いと思うかは、人それぞれかと思いますが、アトラクションとして見るなら、お得なのかも?

テーマパークのアトラクションだと、数分で終わってしまいますが、MX4Dだと上映時間中は、ずっと楽しめますものね(ずっと動き続けているわけではないと思いますが)。そうそう、MX4Dには身長制限もあるようで、100cm未満の方は鑑賞できないそうです。

お子さんとご一緒される方は、ご注意くださいね。

関連コンテンツ

関連コンテンツ