ガジェット レビュー

スマホでおもちゃを動かせる電池マビーが面白そうな件!値段や口コミは?パパはドヤ顔できる?

amazonで何かついで買いをしようかと見ていた時に見つけました。MaBeee(マビー)というおもちゃ?家電?電池?ジャンルはおもちゃのようです。

今までなかったような斬新なアイテムでガジェット好きな大人は興味を持つと思う。子供がいればさらに楽しめそう。というか、子供にすげーだろ!これ!

パパスゴーーイ!となるアイテムな予感です。どんな商品なのか?簡単に紹介していきますね。

MaBeee(マビー)の電池型IoT

乾電池の新しい使い方を楽しもう!
MaBeeeは、おもちゃや自分で作った工作、電動歯ブラシなど、乾電池で動く製品をスマホでコントロールできるようになる乾電池型IoT製品です。 スマホを振る、傾ける、大きな声を出す、などのアクションによって、電車のおもちゃを速く走らせたり、ぬいぐるみや工作ロボットを動かしたりすることができます。

どんな製品か手っ取り早く知るための公式動画はこちら↓

動画は音も出るので見れない人用に簡単に説明もしますね。

子供がよく遊んでるおもちゃと相性ぴったりです。プラレールとかミニ四駆とか、いつも遊んでる家にあるおもちゃにマビーの電池型を入れるだけで完了!

すると、何が起きるかというと?スマホをリモコンにしてプラレールを走らせたり止めたりできるようになります。

さらっと言ってるけど、すごくない?

仕組みとしては電池のオン、オフをスマホに入れたアプリで切り替えることができるようになるため、プラレールなどでストップさせたりできるようになるんです。

プラレールってひたすら走ってるだけだから、駅で止めたり新しい遊びができるようになるんだね。操作はオンオフ以外にも、振ったり傾けたりすることで速度調整もできます。

公式紹介でのアイデアとしては、おもちゃだけでなく電動歯ブラシでタイマーのように使うことも紹介してますね。アイデア次第で、他にも使うと便利になるものや楽しめるものがいろいろありそうです。そんなアイテム。

公式はこちら

スポンサードリンク

MaBeee(マビー)の電池の値段や発売日は?

発売日は2016年の8月4日に発売して、すでに使って遊んでる人も多数います。

値段はAmazonで参考価格は5378円

マケプレじゃなくAmazon販売Amazon発送で4231円です。(2017年1月現在)

公式での取り扱いショップ一覧のオンラインでは

  • コジマ
  • ソフマップ
  • トイザらス
  • ビックカメラ
  • Amazon.co.jp
  • AppBank Store
  • TSUKUMO
  • Makuake STORE

店舗でもトイザらスやビックカメラなどオンラインと似たようなおもちゃ販売店で扱ってるようです。トイザらスオンラインも調べてみたところ5,377円 (税込)(2017年1月現在)

MaBeee(マビー)の電池の使い方と遊び方

上記でも少し触れましたが、持ってるおもちゃの電池をマビーにするだけです。

あとはアプリを落としてスマホで操作。

勘違いしがちなのが、電池型なだけで、充電して使う電池ではないです。市販の単4電池をMaBeeeにセットして使うものです。

なので、電池は別途必要になりますね。

MaBeeeを単3電池駆動のおもちゃなどにセットして使うので市販の単4電池を別に用意する感じです。

MaBeeeのセット方法↓

その他の使い方で面白い使い方をピックアップすると

基本、スイッチモードでコントロールして遊べます。↓

音声の認識も可能?↓

タイマー機能↓

基本機能を活かして、公式でも楽しい使い方という動画がありましたが、いやこれは遊びココロが相当ないと無理だわ↓

スポンサードリンク

マビーの評判や口コミは?

以下はamazonでのレビュー引用

家にあるプラレールやミニ四駆がスマホでコントロールできるようになるという斬新な製品。特に、何度でも、中の単4の乾電池を入れ替えれて、ずっと使えるという発想がすごい。アプリのアップデートで、新しい遊び方が広がっていくのも楽しみ。

朝の通勤電車の中で注文しその日の夜には着きました。東京近郊です。
3歳の子供のプラレール用に購入。単四電池で可動します。自分のスマホにアプリをダウンロードしBluetooth接続しますが、すぐに接続できます。
動かし方も数種類ありますが3歳の子供でもすぐに理解し色々な遊び方で楽しんでます。
中でも声で動かすパターンがお気に入りのようです。
凄くいい商品ですがやはり高い。何本も欲しいけどさすがに一本までかな。今後値下がりすることに期待します。

 

コンセプトは最高に面白いのですが、BLE接続が切れやすいです。
たまに接続が切れているのにスマホからは繋がっているように見える『状態ずれ』も起きます。
受信強度との相関性はあまり無さそうです。
スマホ側の問題かもしれないのでandroid端末とiOS端末の両方で試しましたが、
不安定さは変わらずでした。
電流制限動作(PWM制御?)も、もう少し滑らかさが欲しいです。
一応遊べるので☆3つにしておきます。

一時は人気で売り切れだったようなので、値段は今よりもっと高かったのかな?それでも、まだ値段は少し高めな気がします。

だって1本でこの値段だから!

ただ、こんな遊び方は一昔前ならできなかったことだから、試しに1本。そしていい感じなら追加っていうのも手だね。たまに初期不良なのか不具合がありそうなので、それに当たったら面倒だけど、交換はしてくれるからまぁ大丈夫でしょう。

まとめ

貧乏人には、なかなか値段が高めなので、買うのには悩みますが、要チェックな商品だなぁと欲しいものリストには入れてあります。

子供と一緒にプラレールなどで遊ぶなら小さい今のうちだけだから、あまりにも迷ってるとあっという間に大きなってしい興味すら持たないかもしれないから難しいところです。

小学生以下の子供で、素直に喜べて炭素いめる小さい子がいる家庭はいいかもしれないですね。

 

関連コンテンツ

関連コンテンツ